アトラスホームTOP > 住まい

"住まい"タグの投稿

性能や品質は価格に比例する?

少し前どこかの知事さんの公用車が
レクサスからセンチュリーに「格上げ」され
炎上していましたね。

コロナ禍で財政が厳しい時に…という感情があるのでしょう。
(ちなみに長野県は高級公用車の売却を決めましたね。)

で、その知事さんの言い分
センチュリーでないとダメな理由

■県土が広いから走りきれないと…
■側面からの衝撃に対する安全性を…
■長距離移動時に公務ができる快適性も…

については 現代の日本の車なら他の車でも
充分に満たせるのでは?と個人的には思いました。

きっと言えなかった別の理由
センチュリーを選んだ本当の理由 それは…

■貴賓車としての「圧倒的ステイタス性」

それが透けて見えるので 今回は
たくさんの批判が上がったのでしょう。

自分の(会社の)金で購入するなら
民間企業のお偉いさんがセンチュリーに
乗っても文句も言う人は居ないと思います。

成功した証や出世した証として良い車に乗ることを
他人から色々言われる筋合いはありませんからね。
(私はその価値観を古臭く感じますが…)

いっぽう公用車の原資は税金と考えると
なかなか理解は得られないでしょう。

もちろん高い車には高い車なりの「良さ」があると思います。
一般的には価格と性能や品質は比例する傾向が強いです。

ただ、これは「住まい」についてもまったく一緒ですが、
ある点を過ぎると比例しなくなります。それ以上価格を投じても
性能や品質はほとんど変わらなくなります。

稀少性、限定性、権威性、話題性など
その物の本質ではない理由で価格が高くなりがちです。

本来であれば 日々の暮らしを豊かにする
生活の基盤であるべき「住まい」が

逆に生活を苦しくする とか 家族から笑顔を奪う
そんな存在になって欲しくない… だから
特に根拠が無い大手メーカー崇拝やスペック至上信仰に陥らず
賢く 冷静に 安全に 皆様には見極めて欲しいです。

長野市の工務店アトラスホームの松下でした。

与える?与えられる?

先日は現場管理 メンテナンス
それから確認申請業務などで
忙しく活躍してくれている廣田君の
誕生日をスタッフの皆で祝いました!

もちろん ケーキは 前回ご紹介したばかりの
ジュエルフリュイさんの物です!
(いつものことながら本当に美味しかったです。)

そして恒例の私からのささやかなプレゼントは
トレイルランニングの時に使ってもらえれば…と考え
SWANSのサングラスとBUFFにしました!

人にプレゼントする時に
何を送れば良いか?考えるのは面倒だ
と思う方もお見えかもしれません。

たしかに私も もし喜んでもらえなかったら…
と不安になることはあります。

それでも相手が喜ぶ顔をイメージしながら
プレゼントを考える時間というのは
とても贅沢で 豊かな時間だと思います。

もちろん 年齢的にも 経済的にも
誰もが 最初は 誰かから与えられること
ばかりの時間を過ごします。

その後は 誰かに与えること も徐々に増えてきて

そのうち 誰かに与えること のほうが
多くなります。それを恩返しや成長
と言うのでしょうが

「受けるよりは与える方が幸いである…」
大昔のとてつもなく偉い方が仰った言葉
これが真理だと思いますが…

単純に嬉しいんですよね。
自分自身がとても幸せな気持ちになれます。

「喜ぶ顔が見たい」ということで言えば
プレゼントだけではなく、我々がお客様に
ご提供している「住まい」も全く一緒です。

想像以上の提案 期待を超える品質 で
多くのご家族に喜んで頂きたい…
長野市の工務店アトラスホーム代表の松下でした。

急な出費!?

突然ですが皆様のお宅の洗濯機は
買ってから何年目ですか?いつ買ったか?
意外と覚えてなかったりしますよね。

ちなみに生真面目な我が実父は
そうならないように…こんな感じです。

長野市の工務店アトラスホームの松下です。

その血は私にも流れているはずですが…
我が家の洗濯機がそろそろ壊れそうなのですが
何年目だったか?まったく分かりませんでした(汗)

今、妻と共に後継えらびを検討中ですが
長男も巣立ち3人家族となりましたので
小さめのシンプルな物にするつもりです。

それでも10万円近い出費…

もしこれが10年間使えると仮定すると
1万円/年の償却となるので

さらに次の買い替えまでの間に
毎月850円程「洗濯機貯金」をしておくと
理屈上は「急な出費💦」となりません。

ただ、同様に「冷蔵庫貯金」「エアコン貯金」
「テレビ貯金」「電子レンジ貯金」「PC貯金」…も
必要となりさすがに管理しきれないので

ある程度、高額な家電の耐用年数と
購入費をあらかじめ計算したうえで
まとめて例えば毎月8,000円の「家電貯金」
とすれば安心かもしれません。

形あるものは必ず壊れます。予め想定できる準備です。

もっと金喰い虫の「マイカー」も
全く同じ要領で準備すべきですし

一番大きなカタチあるもの として「住まい」も
もちろん一緒です。

何度もお伝えしている「リフレッシュ貯金」
「メンテナンス貯金」がそれに当たります。

こちらは10,000円/月が目安です。
長期優良住宅の一つの基準でもあります。

1年に12万円、10年で120万円…30年で360万円となりますが
決して多すぎることは無いと思います。

外装の塗替えや、キッチンをはじめとする
住宅設備の修理、給湯器の交換など
長い期間の中では必要となります。

逆に言えば、住宅ローンの返済だけで
あっぷあっぷでは長く快適に過ごせません。

これからマイホームを検討されている皆様
ぜひ予めご承知おきください!

プロの仕事 アマチュアの趣味

「家でクッキーを焼けば保存料も使わないし
砂糖やバターの量も調整できてヘルシー!
しかも材料費しか掛かっていないから
すごく安上がり!お店で買うの馬鹿らしくて…」

こういうセリフよく耳にします…
もっともらしいですが後半はウソですね。

そうですね。「安上がり」という部分

家のオーブンで焼くのなら電気やガスの「光熱費」と
機械の「損料」が計算されていません。

そんなことより一番大きいのはそのために要した時間…
つまり「人件費」が計算されていません。

えっ?趣味で空いてる時間で作ったから別に…

はい。でも、その2時間 もし外で働いていたら
(パートでも)2,000円位稼げたはず。

しっかり計算すれば「手作り」クッキーは
めちゃくちゃ「高い」物です。

もちろん健康的だし、趣味であれば
その時間自体が癒しでもある訳で
心も豊かになりとても素敵ですが
「損得勘定」となれば話は別です。

少し前「主婦がスーパーでポテトサラダ買うな!」
と言って炎上したおじさんが居たそうですが
ポテトサラダなんて時間も手間もとても要する料理で
それを考えたらスーパーで買った方が絶対に安い訳です。

いまどき「手作り」ほど
「高価」で そして「豊か」な物ありません。

家づくりでも同じような話があります。

「造作家具は安いんでしょ?」とか
「ネットで買って付ければ割安!」と仰る方が居ますが
多くの方が材料費「しか」計算していません。

趣味でやっている素人の日曜大工と違い
技術を持つプロの職人が現場に出掛け
実際に手を動かす「時間」や 彼らの専用工具には

見えにくいですがもちろんお金が掛かっています。

そして今回はそんな素敵な造作部分がたくさんの
住まいが山ノ内町に完成しましたので
施主様のご厚意で見学会を開催させて頂きます。

ぜひお出掛けください!
長野市の工務店アトラスホームの松下でした。

現場感

休日に愛読誌「NUMBER」を読んでいたら
なんとトヨタの社長のインタビューが…

あれ?これ広告かな?

それとも…間違って
ビジネス誌を手に取ってしまった?

いえいえ、どちらも違いました。

自動車 と 住まい
製品も別ですし

そして企業としての規模は
それこそ天と地ほど(笑)異なりますが

モノづくり企業のトップとしての
姿勢や考え方には本当に共感してしまいました。

特に「現場感」という言葉は
非常にしっくりきました。

・家づくりに悩むお客様と会ってお話をしたり
・実際に建築現場に出て建築する職人と議論して
私自身が「最前線」を知っていることがやはり大事です。

もちろん経営している以上は
算盤勘定やマネージメントも欠かせませんが

それだけじゃ駄目だと考えています。

それにしても 下手なビジネス誌より
よっぽど学びになる「NUMBER」
これだから止められません。

仲間の経営者にもいつもお勧めしていますし
引き続き定期購読でお世話になります!

長野市の工務店アトラスホーム
代表の松下でした。

コロナ禍でのマイホーム購入は無謀?

今コロナの影響で少し収入が減ってきています。
家を建てるためにローンを組むことが心配です。
アパートのまましばらく様子を見ているほうが良いでしょうか?

コロナの影響で残業が無くなったり
ボーナスがカットされてしまったり・・・
収入が減ってしまう・・・ご心配ですよね。よく分かります。

ただ、経験的に言えばこういう方はほぼ大丈夫です。

なぜか?それは…あらかじめ不測の事態に備えた
手堅い計画を立てられるからです。

私たちが心配するのはこの方のようには
危機感を持っていない方です。

で、本題ですが

今、家賃を払って賃貸住宅にお住まいということですが
もし、この先、さらに収入が減ったとして その場合に

もっと家賃の安い別のアパートに引っ越すことは
可能でしょうか?

そして実際にお近くにそういう物件は有りますか?

それとも、ご実家などに入られますでしょうか?

同様に実際にそれは可能なことですか?

もしそういうことが出来なかったとして、
かなり極端な例ですが…「野宿」をしますか?

もちろんそんなことはしないはずです。

つまり…究極的には「住居費」をどう捉えるか?
ということだと思います。

住まいは まさに「衣食住」のひとつで
我々人間にとって必要不可欠なものです。

飲まず食わずでは困るのと一緒です。

そしてそれにまつわる費用も一必要不可欠です。

持ち家・マイホームというと
不思議なのですが何故か?「ぜいたく」で
「お金に余裕がある方の物」というイメージも
あるかもしれませんが私は違うと思います。

持ち家だろうが賃貸だろうが
「住まい」は欠かせない訳で
同様に当然それに伴うコストもかかります。

つまり不測の事態を心配するのであれば
この先、家賃を払っていけるかなぁ?という心配も
同じようにしないといけないはずです。

その根本は「家賃」より「返済」のほうが
極端に高いと勘違いされているためだと思います。

冷静によく考えてみて頂きたいのですが
今や人生100年時代です。

家賃には終わりがありません。
生きている限り、住んでいる限り
払い続けることになります。

その期間の「総住居費」を考えた際に
持ち家の場合のローン返済だけが
極端に高い訳ではないと思います。

誤解があるといけませんので念のためですが、
もちろん固定資産税や、維持修繕費や、
水道光熱費などを総合的に考えてみて・・・です。

長野県で考えた場合ですが・・・

要は 「不測の事態」も想定した
ある程度余裕のある資金計画を立てているか?

そういう堅実なマイホーム計画を立てているか?
これに尽きると思います。

もちろん家づくりはとても楽しいものですので
間取りや設備などを検討しているとついつい
大きな家や豪華な家となりがちです。

「夢の…」という枕詞の付くマイホームですが
地に足を付けた堅実な計画であれば

むしろ賃貸よりも安心な部分も多いです。

この辺りは以前にご紹介した
「団体信用生命保険」という別の動画でも
ご説明していますのでぜひご覧ください。

 

大先輩のお手伝い

私も もう30年弱 家づくりという
この仕事をさせて頂いていますが

ご縁あって いま現在 これまでの自分の
経験の中で最もご高齢の施主様ご夫妻の
家づくりのお手伝いをさせて頂いております。

よくある 「施主様のご両親様で
たまたま私が手掛けさせて頂いた家に
お住まいになる」 ということではなくて

その方ご自身が施主様ですが
なんと ご主人89歳 奥様84歳です。

本当にお元気で そして 仲の良いご夫妻 で
おかげさまで私も本当に楽しく
打合せの時間をご一緒させて頂きました。

たまたま住まいという分野においては
私がプロとしての知識や経験を基に
色々とご提案させて頂きましたが

その他のことについては
人生の大先輩から学ばせて頂くことばかりでした。
有難いことです。

少しでも長く 新居での 快適な暮らしを
楽しんで頂きたく 設計仕様打合せや
着工準備も出来る限り「急ぎ」で段取りしましたが

そのためにご夫妻に事前にお願いしておいた
検討事項についても「宿題やってきましたよ!」
と打合せのたびに毎回完璧な仕上がりでした。

そしていよいよ着工を迎えますが
ご夫妻が喜んでくれる顔を想像して…
いつも以上にワクワクしているところです!

現実をしっかり見る

今年はコロナのせいで
ほとんどのイベントが中止のなか

主催者の皆さまの計り知れない
情熱と努力と知恵と工夫と…

とにかく素晴らしい運営によって
「野沢トレイルフェス」は開催され
先日、有難く参加させて頂きました。

お恥ずかしながら…こちらその結果です。
タイムと順位がハッキリ出ています。

男子ショートの部 4時間15分で
125位/179人中 です。
謙遜でも自虐でもなく私が自分を
「底辺市民ランナー」と呼ぶ根拠です。

でも、この数字から目をそらさず
現実をしっかり自覚しておくことは
今後の自分のためにも大事なことです。

「自己評価は2割増し」という
格言がありますが

人間はどうしても「自分を過大評価する」し
「他人に厳しく自分に甘い」からです。

家づくりでも一緒です。

私たちがお客様に
ご提案している住まいについても

強さは?暖かさは?
使い勝手は?お手入れのし易さは?
見た目の美しさは?などなど

俯瞰的な視点から
厳しく見られなくなったら
それは会社がダメになってしまう時
なのだと思います。

そういう会社をこれまでも
たくさん見てきました。
「反面教師」にして精進します。

それにしても なかなかの暑さと
エグい高低差 良い修行となりました…

今もまだ筋肉痛が酷い
長野市の工務店アトラスホーム代表の松下でした。

機械に奪われる仕事 と 相撲

私、文章を書かせて頂く機会が
かなり多いのですが
(このブログもそのひとつです)
最近はスマホの「音声入力機能」を
多用しています。

この「音声入力機能」
数年前は「誤変換」が多過ぎて
使い物にならなかったのですが
最近の進化には
目を見張るものがあります。

私、決して活舌は良くないですが
スマホに向かってお話をすると
ほぼ正しく音声を「文字化」してくれます。

このおかげで仕事が
かなり省力化できています。
本当に有難いことです。

ただ気になるのは、このせいで
世の中から「文字起こし」というお仕事が
恐らく激減してしまったのだろうなということ

きっと仕事を機械に奪われてしまった人も
多いだろうということです。

昔、駅の改札には「切符切りの駅員さん」が
居ましたが今はほとんど自動改札なのと一緒です。
色々と考えさせられます。

もうひとつ・・・気になるのは
どうしても正しく変換されない言葉がある
ということです。

それは「住まい」と言う言葉です。

皆さんはあまり使わないかもしれませんが
私は住宅建築の仕事をしていますので
もちろんよく使います。

この「住まい」がなぜか?
何度試してみても「相撲」
と変換されてしまうのです。

流石にこれには頭にきて
ゆっくり、はっきり、かなり丁寧に、
「す・ま・い」というのですが
ほぼ100%「相撲」と変換されてしまいます(笑)。

ちなみに今回のこの記事も
「音声入力」したものを1割ほど人力で訂正する
(ほとんどが相撲→住まいの作業です。)という
カタチで書きました。

どれだけ技術や機械が進化しても
やはり人間でなければ出来ない仕事がある
そんなまとめで良いですかね?

長野市の工務店アトラスホーム代表の
松下でした。

今、人気の…には気を付けて

家づくりを検討しようと
インターネットで検索したり
住宅雑誌を手に取ると…

「今、大人気の間取り」とか
「今、すごく人気の設備」とか
「今、人気のインテリア」など
という表現に出くわします。

「今、人気の」ということは
「流行りの」とも言い換えられる訳でして

「流行りの」というのは残念ながら
得てして「すたれる」のが宿命でして

ファッションや音楽ならば
それも良いのでしょうが

住まいというものの役割から
改めてよく考えてみると・・・

どちらかと言えばその反対の
「定番の」つまり
「いつも、そこそこ人気の」ものが
良いように思ってしまいます。

実際に私も大学卒業後
住宅業界に飛び込んで以来
四半世紀が経過しましたが

車で長野の街を走っていても
「あ~懐かしい、あのデザイン
流行ってた時期があったなぁ~」と
住宅を見て思うことがあります。

決してそれが悪いと言うつもりは
ありませんが、個人的には
一時的に、爆発的に、大人気を
博すよりも、そこそこ(?!)でも
永く気に入って頂けるそんな住まいをご提供したいし
そんな会社で在りたいと思います。

ちなみに決して流行っている訳では
ないそうですが…

先日の家族のオンライン呑みで
長男と次男のTシャツがまるかぶりで
笑わせてもらった長野市の工務店
アトラスホームの松下でした。

LINE公式アカウント