アトラスホームTOP > 拝啓 家づくりの最前線より

拝啓 家づくりの最前線より

地鎮祭について

こんにちは 長野市の工務店アトラスホーム
現場監督の小林です。

先日、測量などの事前準備をしました
小布施町のO様邸ですが「地鎮祭」が行われました。

皆様ご存知のことかと思いますが
「地鎮祭」とは 土木や建築の工事を行なう際
工事が無事に終わるように安全祈願する儀式です。

神式 仏式 キリスト教式・・・
施主様の信教によりさまざまな様式があります。

しかし地鎮祭は必ず行わなければならない
ということもありません。

地鎮祭を行なうのか?行わないのか?
は施主様のご判断となります。

近頃では行わなかったり
ご家族だけで簡略化して行なったり
そんなケースも少なくありません。

実施率はおよそ5割くらいでしょうか?
やはり大事なのは形式よりも気持ち
ということなのでしょうね。

長野市K様邸大工工事中

こんにちは。
長野市の工務店アトラスホームの
現場監督の廣田です。

~大工工事も終盤です~

 こちら長野市で大工工事中の現場です。

上棟を終えてから
外部→天井→床→壁という順序で進める
大工工事ですが

こちらの現場では壁ボード張りに
取り掛かっています。

ですので、大工工事も
もう終盤にかかってきているということです。

今までは大きな一室でしたが
少しずつ壁が仕上がり
部屋の雰囲気が出てきます。

大工さんの工事が順調に進んでいることを
実感します。有難いです・・・。

事前の調査

こんにちは  長野市の工務店アトラスホーム
現場監督の小林です。

最近、朝晩はめっきり涼しくなってきました。
昼間はまだまだ暑いですけど(汗)

さて、また新たな家づくりストーリーが
始まります。今回の現場は小布施町です。

事前に敷地などの調査を実施します。

境界杭の確認、道路の幅員、
隣地の状況確認、障害物などの確認、
道路・敷地の高さ確認などのチェックをします。

また地縄張り(建物の配置)も実施します。

これらをあらかじめきちんと済ませておくことで
各種申請や地盤調査などがスムーズに進んでいきます。

このあとは「地鎮祭」を済ませて基礎着工です!

内装工事

こんにちは。
長野市の工務店アトラスホームの
現場監督の廣田です。

~内装工事~

大工工事が終了した現場にて内装工事が始まりました。

内装工事の初めは、クロスを張る前に下地処理をします。

石膏ボードの継ぎ目の段差をなくすべく
より平らに仕上げるべくパテ処理を
数回にわたって行います。

その後ようやくクロス貼りを行います。

そんな内装業者さんの頑張りもあって
素敵なクロスが貼りあがります。

そして仕上げの工事なので、傷や汚れが付かないよう
気をつけて慎重に進めなければなりません。

上田市H様邸最終仕上げ工事

こんにちは 長野市の工務店アトラスホーム
現場監督の小林です。

上田市のH様邸は
最終仕上げ工事に入りました。

まずは玄関タイルを貼りました。

これが終わると清掃工事となります。

全ての養生を剥ぎ取りながら
綺麗にしていきます。

そして最後に玄関ドアと網戸の取付を
行います。

玄関ドアは、サッシの搬入時に同時に
取付ける会社も多いようですが

アトラスホームでは、工事中は、専用の仮設のドアを使用し
本物の玄関ドアは最後の最後に取付します。理由は・・・

頻繁に出入りする場所で、どれだけ気を付けていても
どうしても傷が付きやすくなるからです。
高価な玄関ドアをキズから守る為です。

現地調査と測量

こんにちは。
長野市の工務店アトラスホームの
現場監督の廣田です。

~現地調査と測量~

先日、着工する現場の
現地調査と測量に行って来ました。

現地調査とは工事を進めるに当たり、

・敷地上空に電線は無いか

・敷地内に上下水は引き込んであるか

・工事中の業者の駐車場はどうするのか

・上棟時のクレーンの設置位置、荷受はどうするのか

・その他工事に支障を来すものはないか・・等など

 これから着工する工事がスムーズに行えるか
事前にシミュレーションすることです。

工事中に何かトラブルが発生してしまったら
お施主様や近隣の方に迷惑をかけたり
工事がストップしてしまう恐れがありますので
とても重要な業務になります。

 今回の現場は解体工事も絡むため、測量が必要な箇所があり
寸法を当たったりなどしました。

まさに「段取り八分」ですね!

ほぼ完成?

こんにちは 長野市の工務店アトラスホーム
現場監督の小林です。

上田市のH様邸は
「仕上げ工事」となりました。

住宅の場合…一般的に
照明器具や設備機器等を取付ける
段階の工事のことです。

内装工事終了後に
電気業者・設備業者により行われます。

電気業者さんの仕上げ工事は、スイッチ・コンセント、
分電盤、照明器具取付などです。

設備業者さんの仕上げ工事は、洗面台、
便器、給湯器取付設置などです。

もちろん打合せで決めて頂いた内容に沿って
仕様書(プレゼン)通りに仕上げていきます。

仕上げ工事が終了すると・・・
ガラッと雰囲気が変わり
お住まいがほぼ完成という感じになります。

実際にはまだこれからクリーニングや
検査・調整などかなりのことが控えています・・・

長野市K様邸土台敷き

こんにちは。
長野市の工務店アトラスホームの
現場監督の廣田です。

~土台敷き工事~

長野市のお宅の土台敷きを行いました。

こちらもまた、天気に恵まれ、
順調すぎるほどでした。

土台敷きは、建前工事の前段階ですので
いよいよ始まる!といった雰囲気がします。

まず、基礎上に基礎パッキンを置き、
土台と基礎が直接接しないようにします。

基礎パッキンは、換気でき、床下の換気を良くしてくれると共に、
土台と基礎の縁が切れるので、基礎のコンクリートが吸った湿気を、
土台に上げない役目があります。

もちろん、基礎と土台はアンカーボルトでしっかり固定します。

土台と大引きの間に断熱材(硬質ウレタンフォーム)を敷き込み、

その後床合板を敷き、土台敷き終了です。

次工程は、いよいよメインイベント、建前(上棟)です。

LINE公式アカウント 長野で楽しく暮らすなら