アトラスホームTOP > 間取り

"間取り"タグの投稿

「UA値」検討する前に知っておきたいこと

テレビを見てたら住宅会社のCMで
UA値0.55…とアピールしてました。
自信が無いと数値は出さないと思いますが
これってどんなレベルなんでしょうか?

UA値は多くの方がご存知の通り
住宅の「断熱性能」を表す数値です。

正式に日本語で言うと
「外皮平均熱貫流率」と言い
ちょっとややこしそうですが
字面を見るとイメージしやすいです。

「外の皮」という通り 家の外との境にある
外壁、屋根、床、窓 その部分の「熱の貫流」とありますから
熱の通しやすさ 逃がしやすさを

「平均」とあるように 家全体で平均化した数値です。

逃げてしまう熱ですので
数値が低いほど高断熱の家となります。

今回のご質問の0.55という数値は

東京近郊での建築であれば さほど悪くないとは思います。

ただ、そもそもこの数値「だけ」で判断するのは危険です。

そもそもこの数値はどうやって導きだされるか?というと、
間取りや断熱仕様や使うサッシが決まると

机の上で計算できます。現場で測定する物ではありません。

だから気を付けるべき一つ目としては
正しい施工が伴わないと意味が無い机上の数値だということ。

そして二つ目は…同じ住宅会社で、
同じ仕様の家を建てたとしても 間取りが異なれば数値も異なる
ということ。

わざわざ莫大なコストを掛けてCMをうつのですから
会社は「この数値が良くなる間取り」で計算したはずですが

その間取りが暮らしやすいとも
皆さんが住みたい間取りとも限りません。

邸ごとに計算されるべきだと知っておいてください。

三つ目は先ほども言ったのですが

UA値のAはアベレージのAで平均ということです。
壁・床・天井・窓これらの部位の数値を
「平均化」しているのがミソです。

つまり どこか弱点があっても それを補う長所があれば
平均化され数値上はそれなりの成績になります。

では実際の住み心地はどうか?と言えば
ある特定の一部の断熱が悪いと実際の体感としては
不快になりやすいです。

昔の古いお風呂に張ったお湯みたいに
上のほうはめちゃくちゃ熱いけれど下のほうはぬるい…
かき混ぜればちょうど適温で心地良いとしても
混ぜずにそのまま入れと言われたら嫌ですよね?

平均すればちょうどいいから良いということには
ならないですよね?

各部位のバランスが悪くても
計算上の数値ではそこそこになることもある

でも、それでは快適になるとは限らないことは
知っておいてください。

最後にもうひとつ

一般的に「窓」より「壁」のほうが熱を逃しにくいです。
ということは同じ間取りでも窓を小さくすればするほど
このUA値という数値に限れば良くなります。

ではそういう家の実際の住み心地はどうか?

皆さんが想像された通りです。

極端に窓の面積を減らせば薄暗くなり
昼でも照明が必要な家となれば不快です。

さらに、そもそも「省エネの家にしましょう!」
といってUA値という数値を使って断熱性能を気にしているのに

とても強力な しかも 無料のエネルギー源である
日照を閉ざすことになります。

冬の日差しが如何に暖かく有難いか?
信州の厳しい冬の寒さの中で暮らす方なら
誰でも分かるはずです。

窓を少なく小さくするということは
この日差しを活用しないということになります。

机の上の計算では 窓が小さく少ないほど
UA値は良くなりますが 逆にあまり数値ばかりにこだわると
家の快適さという本質を見失いかねません。くれぐれもお気を付けください。

子供部屋をどう考えるべきか・・・?

 

Q、我が家は子供が4人います。
上二人が女の子、下が双子の男の子です。
それぞれに個室を与えるのは譲れないと工務店に
要望を出したところ、気に入った間取りが出来たのですが
家が大きくなり予算オーバーで困っています。
何か良いアイディアはありませんか?

A、方法はいくつかあると思います。

今の業者で、気に入っている今の間取りのまま
設備や仕様を少しグレードダウンして
予算を合わせるという方法もあるでしょうし

もう少しコストを抑えられる別の建築会社に
相談してみるのもアリかもしれません。

もし、いずれも難しいなら
4室の子供部屋を小さくするということが
考えられると思います。

今、どんな間取りになっているか?
拝見した訳ではないので何とも言えませんが

長野県であればクローゼットも含めて6畳くらいで
子供部屋を設計することが多いように思います。

ちなみに大学生や単身の社会人が借りるような
1ルームのアパートで玄関や水廻り以外の
居室部分がだいたい6~8畳くらいです。

戸建住宅の中の子供部屋の場合
おそらく専用のクローゼットも
設計されているでしょうから

そうするとあとはベッドと、勉強机と、
本棚くらい…これでほぼ用は足りますよね。

この6畳の広さを4畳半に縮められると
単純計算ですが1部屋あたり1.5畳

それが4室ですので×4で=6畳分の
面積を小さくすることが出来ます。

この4畳半の中で6畳と同じ「機能」が
得られれば問題無いはずです。

「機能」というのは…寝られて、勉強できて、
一人になりたい時には籠れて…そんなとこでしょう。

となると 一番簡単な答えは…家具ではないでしょうか?

寝るベッド、勉強する机、本棚のようなものを合体させた
「ロフトベッド」を選ぶのはどうでしょう?
高床のベッドの下に机と本棚が置けるので
机と本棚を置くスペースが不要となります。

すると…さほど無理せず4畳半の中で完結できそうです。

もっと さらに コンパクトに…という方は
3畳にする方法も有ると思います。

これもロフトベッドを活用するところまでは
一緒なのですが各子供部屋にはクローゼットを造らない方法です。

もちろんそれでは物があふれ整理整頓できず
困りますから収納はしっかり用意するのですが

4人のお子様で「共用する」大きめの3畳くらいの
クローゼットをひとつ作ります。

そうすると3畳の子供部屋が4つに
3畳のクロゼットが1つ合計で15畳となり
全部で9畳分小さくできます。

一軒の家の中でこれらをレイアウトするため
多少、廊下が長くなったりすることもあって

計算通り、単純に小さくできる訳ではないですが
ある程度の効果はあると思います。

ただ、問題というか 考えておかねばならないことも
あります。お子さんたちが大きくなり巣立った後のことです。

それらを将来的にどう使うか?ということです。
6畳くらいの広さがあると独立されたお子さんが
将来的にお孫さんを連れて家族で帰ってきたりした際にも

家族で泊まれる客間として使い易いですが
3畳や4畳半だと難しいかもしれません。

3帖の部屋を2つ連結して6帖の部屋に改装しやすいような
準備を予めしておくと良いかもしれません。

コロナ禍でのマイホーム購入は無謀?

今コロナの影響で少し収入が減ってきています。
家を建てるためにローンを組むことが心配です。
アパートのまましばらく様子を見ているほうが良いでしょうか?

コロナの影響で残業が無くなったり
ボーナスがカットされてしまったり・・・
収入が減ってしまう・・・ご心配ですよね。よく分かります。

ただ、経験的に言えばこういう方はほぼ大丈夫です。

なぜか?それは…あらかじめ不測の事態に備えた
手堅い計画を立てられるからです。

私たちが心配するのはこの方のようには
危機感を持っていない方です。

で、本題ですが

今、家賃を払って賃貸住宅にお住まいということですが
もし、この先、さらに収入が減ったとして その場合に

もっと家賃の安い別のアパートに引っ越すことは
可能でしょうか?

そして実際にお近くにそういう物件は有りますか?

それとも、ご実家などに入られますでしょうか?

同様に実際にそれは可能なことですか?

もしそういうことが出来なかったとして、
かなり極端な例ですが…「野宿」をしますか?

もちろんそんなことはしないはずです。

つまり…究極的には「住居費」をどう捉えるか?
ということだと思います。

住まいは まさに「衣食住」のひとつで
我々人間にとって必要不可欠なものです。

飲まず食わずでは困るのと一緒です。

そしてそれにまつわる費用も一必要不可欠です。

持ち家・マイホームというと
不思議なのですが何故か?「ぜいたく」で
「お金に余裕がある方の物」というイメージも
あるかもしれませんが私は違うと思います。

持ち家だろうが賃貸だろうが
「住まい」は欠かせない訳で
同様に当然それに伴うコストもかかります。

つまり不測の事態を心配するのであれば
この先、家賃を払っていけるかなぁ?という心配も
同じようにしないといけないはずです。

その根本は「家賃」より「返済」のほうが
極端に高いと勘違いされているためだと思います。

冷静によく考えてみて頂きたいのですが
今や人生100年時代です。

家賃には終わりがありません。
生きている限り、住んでいる限り
払い続けることになります。

その期間の「総住居費」を考えた際に
持ち家の場合のローン返済だけが
極端に高い訳ではないと思います。

誤解があるといけませんので念のためですが、
もちろん固定資産税や、維持修繕費や、
水道光熱費などを総合的に考えてみて・・・です。

長野県で考えた場合ですが・・・

要は 「不測の事態」も想定した
ある程度余裕のある資金計画を立てているか?

そういう堅実なマイホーム計画を立てているか?
これに尽きると思います。

もちろん家づくりはとても楽しいものですので
間取りや設備などを検討しているとついつい
大きな家や豪華な家となりがちです。

「夢の…」という枕詞の付くマイホームですが
地に足を付けた堅実な計画であれば

むしろ賃貸よりも安心な部分も多いです。

この辺りは以前にご紹介した
「団体信用生命保険」という別の動画でも
ご説明していますのでぜひご覧ください。

 

家の「寿命」ってどのくらい?

最近の家の「寿命」ってどのくらいですか?

家に限りませんが、物の「寿命」の判断ってなかなか難しいです。

例えばシャツはボタンが取れてしまったら…
寿命でしょうか?

それはボタンだけまた付ければ良い
と思う方が多いように思います。

ボタンが取れてしまったから
このシャツは寿命という方は少ないでしょう。

では襟や袖が擦り切れてきたらどうでしょうか?

多くの方がそうなると「このシャツもう寿命かな」
と思うのではないかと思います。

ただ、なかにはとても思い入れの強い物だったりすると
その部分を直して修理をして着ることも出来る訳で
実際にそうしている方もいらっしゃいます。

逆に言えば、ボタンは取れていないどころか
襟も袖もなんともないけれどももう着ない、
捨ててしまうという方もいらっしゃいます。

もう好きじゃなくなってしまったから…とか

時代遅れな感じがする…とか

体系が合わなくなったから…

というような理由ですね。

洋服のほうが身近で分かりやすいと
思ったので例えとして挙げましたが

要はその持ち主さんの考え方とか
経済状況によるところが大きいと思います。

で、ご質問者様が今回仰っている
家の「寿命」ということですが

この場合の寿命というのは
先述の「シャツの例」でいうところの
ボタンが取れてしまった状態ではないと思います。

家で言うと、照明器具とか、ボイラーとか
キッチンとか、トイレとか、そういうものを
直したり、交換したり…という時期を以て
寿命とは言わないと思います。

きっと「シャツの例」でいうところの
襟とか袖が擦り切れてきてしまった状態

つまり多くの平均的な方が
「もう処分しよう」と

家で言えば「建て替えよう」
と判断する時期という意味だと思います。

もし、そうだとすると、家の寿命というのは
最初に真っ当に建てて「適正なメンテンナス」
を続けていけばおよそ60年位というが
ひとつの目安なのかな…と思います。

すると…ご夫婦が30歳くらいの時に
家づくりを行なったとすると
ちょうどご夫婦も、家も同じころに
寿命を迎えるということになるのだと思います。

ただ、家の場合、そういう「物体としての寿命」
よりも先に「間取り」が寿命を迎えることが多いです。

「シャツの例」で言うところの
好みや流行りや体系が変わってしまって
合わなくなったから…という感覚に近いです。

年齢を重ねて2階へのアクセスが
億劫になってしまったので平屋暮らしがしたいとか

生活スタイルが変わったから
二間続きの和室を広い洋間の
フローリングのリビングに変えたいとか

こういうタイミングでちょうど
お子さんご家族と2世帯住宅を建てて
一緒に住もう!というような話も有ります。

これまで日本の住宅が平均30年弱で
建て替えられてきている

そこにはこういう背景があるのだと思います。

「まだしっかりしているけど・・・」

「少し勿体無い気もするけど・・・」

「住もうと思えば住めなくもないけど・・・」

使いづらいから、暮らしづらいから
思い切って建て替えよう!という感じです。

なので「家を長持ちさせたい」とか
「寿命の長い家を建てたい」とお考えであれば

しっかりした構造うんぬんというのも
もちろん大事ですが

それとともに

時間の経過とともに必ず訪れる
家族構成の変化 や ご自身の体の変化
を視野に入れた設計をあらかじめしておくことが
大事だと思います。

あらためてお願いします・・・

今日・明日の二日間は小諸市で
「お客様の家完成見学会」を行ないます。

ご来場になるほとんどのお客様は
しっかり理解して頂いていますので
申し訳ないのですが

念のため「おさらい」として書かせてください。

この完成見学会は

アトラスホームに住まいづくりをお任せくださった
「大切な施主様」から「大切なマイホーム」を
「お借りして」開催させて頂いております。

住宅会社が「見栄で」「勝手に」
大金を投じて建てた展示場や
モデルハウスとはまったく異なる物です。

受付を厳重に行わせて頂くのも
手袋やスリッパを着用頂くのも
チビッ子の行動にご注意頂くのも

「大切なお施主様」からお借りした
「大切なマイホーム」を守るためです。

くれぐれもご理解をお願いします。

また「コロナウイルス感染拡大対策」として
現在は「入場制限」も行なっておりますので

少々お車で待機となる場合もございます。
併せてご承知置きください。

最後に…意外と多いのですが、そのお宅の
「間取り」や「インテリア」について
その場で否定的な感想を口にされる方がいます。

人の価値観はさまざまなことも
もちろん悪意が無いことも分かりますが
ただ…他のお客様もお見えです。

どんな感想を持つのも自由ですが
くれぐれも「心の中」でお願いします。

「これから住まいづくりを
検討される方々へ参考になるなら…」
という善意で公開に承諾くださっている
施主様へ最低限の敬意を持ってご見学頂きますよう

心よりお願い申し上げます。

アトラスホーム代表 松下敏之

家づくり「コロナ」前後で変わるのか?

コロナ禍でこれまで会社や学校
そして外食や買い物やレジャーまで
「家から出掛けて外にいた時間」が
突然「家の中で過ごす時間」に変わりました。

大人たちは在宅勤務やテレワークにも
子供たちは休校にもオンライン授業にも
だいぶ慣れました。

そして仕事や勉強だけでなく
仕事仲間や友人との呑み会を
PCの画面上で行なうことにも
違和感を持たなくなりつつあります。

この影響は「家づくり」に
何か変化をもたらすのでしょうか?

私はあまり変わらないと思っています。

これまでもアトラスホームでは
新居の打合わせの際に一貫してお客様に
「わざわざどこかに出掛けなくても
家で過ごす時間そのものが
癒しや楽しみとなるような住まい」
をお薦めしてきたからです。

例えば「間取り」で言えば…

限られたスペースの中でも
家族が繋がれるゆったりLDK

プライバシーが確保できる個室空間
そして
すっきり暮らせる適材適所の収納計画

大切にした間取りをご提案してきました。

LDKでは、家族での映画鑑賞、
ライブ鑑賞、カラオケやゲーム…
のために集うことも出来ますし

個室空間はある時は「オフィス」として
ある時は「教室」として
個々が集中すべき時間に対応できます。

収納空間はまとめ買いした
食料や日用品の置き場としても
対応が可能です。

もちろんそのためには大容量通信や
無線LANなどネット環境の整備
が前提になりますし

わずかでも庭先の芝の緑や
花壇の花や、菜園といった
小さな自然から得られる安らぎも
大きいですから

「建物そのもの」だけでなく
それ以外の暮らしを豊かにするために
必要な物にも予算を配分できる
そんな予算組みをすることがとても重要です。

そして最も大事なのは…その予算を

「ボーナス返済」しないと成り立たない
大き過ぎる住宅ローン借入で行なうのではなく

景気の影響で少し「残業が減っても」
慌てない安全な返済計画に抑えること。

もちろん何も無ければ一番良いのですが
30年、35年という長い年月の中では、

昨年の「台風19号」のような、
今回の「コロナ禍」のような、
人間の力ではコントロールしきれない
アクシデントも起こり得るからです。

私たちは今回のこの難局を
こういう「家づくりで大切なこと」を
改めて認識するための機会と
捉えるべきなのかもしれませんね。

素材「も」大事ですが…

今日からの2日間は
中野市で完成現場見学会ですが

「断熱材は『何を』使っていますか?」
これは見学会の会場でお客様から
本当によく聞かれる質問です。

「そうかぁ…お客様たちって
夏涼しく冬暖かい家にしたい!
と考える際に断熱材という『素材』しか
イメージ出来ないのかぁ…」

と不思議な気分になります。

というのも、もし、これが
「家づくり」以外の身近なもの…
例えば「ごはん」なら

「魚沼産コシヒカリ」だからといって
必ずしも美味しいとは限らない


ということを、ほとんどの方が
当たり前に認識しているからです。

新米なの? お米の保存状態は?
お水はどんなものを? 研ぎ方は?
土鍋で炊くの?

そんな「お米」という素材以外の要素で
「ごはんの味」は全く変わることを

逆にお手頃に手に入る普通のお米を
とても美味しいごはんに炊きあげる技が
あることも多くの方が知っているからです。

春夏秋冬も、雨の日も晴れの日もある
一棟一棟「環境」の異なる現場で

自由設計の家であれば一棟一棟
「間取り」も「納まり」も異なる現場で

職人さんの腕しだいで施工の精度が
かなり差が現れるのが建築の現場です。

『素材に何を使っているか?』は
もちろん大事ですか

実際に工事をする職人さんと
建築会社はどんな関係にあるか?

施工管理そして施工検査はどう行なっているか?

その結果どういう施工精度を達成しているのか?

も、かなり大事なので
必ず併せてご確認ください。
これは家づくりで後悔しないための基本です。

珍しく(!)家づくりのお話を
真剣にしてしまった長野県の工務店
アトラスホームの松下でした。

カッコいい車

皆様にもお好きな車のデザイン
というものがきっとあると思います。

私は少々無骨な印象の
カクっとしたものが好みです。

そんなに詳しい訳ではないですが
現代の車にとって「燃費」は大事な性能のひとつで

その結果「空力」が重視されるからでしょうが

最近の車は流線型のスタイリッシュな
シャープなものが多いですよね。

もし間違っていたら恐縮です…(汗)

新幹線のデザインの進化変遷なども
そういう考え方が背景にあるのでしょうね。

外観のデザインにも根拠(理由)が有るということですね。

家づくりにも同じような話がありますよ。

やたらと凸凹が多く(出入隅が多く)
1・2階の壁の位置が揃ってない(直下率が低い)
間取りは

住まいにとって最も大事な性能のひとつである
「耐震性」が低くなりがちです。

これは最新のソフトなどを使って
力学的に解析してもそうなのですが

なんと、昔から「家相」においても「凶相」だと
言われています。昔の人もコンピューターなど無くても
なんとなく分かっていたということでしょうね。興味深いです。

ちなみに「カクッとしたクルマ」って
どんなクルマ?というと…

維持費が掛かりそうで
なかなか手は出ないのですがとても古~い車ですね。

新しい車の中ではスズキのジムニーが
ここ最近ではお気に入りの
長野市の工務店アトラスホームの松下でした。

失敗しない壁紙の選び方

間取りが決まりキッチンなども選び終わり
今はインテリアの打ち合わせ中です。
「壁紙」はサンプル帳を渡されて
この中から好きに選んでください。
と言われたのですが、何に気を付ければ良いですか?

「壁紙選び」の注意点ですね。

一般的に壁紙(クロス)で仕上げる
家づくりの場合、壁紙が張られる部分というのは
実は家の中で一番面積が広い部分となります。

そんなことを言ってしまうと
「壁紙選びは失敗できないぞ!」と
力が入ってしまうかもしれませんが

面積の大きい部分だからこそ
あまりたくさんの色や柄を使わずに

できるだけシンプルに仕上げることを
私たちはおススメしています。

お洋服のコーディネイトとも
共通する部分があると思うのですが

たくさんの色や柄をまぜて使うのは
とても難しいものです。

そんな中で、割と簡単に
お洒落に見せてくれるのが

スカーフとか帽子とか靴などの
割と小さな面積の部分に

アクセントとなる「差し色」を
入れるという手法ですね。

住まいの場合は、カーテンとか、
家具や照明器具や、家電製品
その他、アクセントラグとか、時計などの小物、
そして額に入った絵や写真など
それと観葉植物

そういった、たくさんの色の有るものが
後で、取り付けられたり、
置かれたりすることになります。

こういったものを「差し色」と考えると
そういうたくさんの物を受け止める力のある
包容力のあるシンプルなインテリアが
おススメとなります。

自由設計の住まいだから
注文住宅だからインテリアにもこだわれるよ!
と言われると「せっかくだから・・・」
と気合が入ってしまうのもよく分かりますが

だからこそ、あえて、抑え気味に

家が完成した後に
後から、たくさんの物が入ってくることを
あらかじめ想像してお選びください。

あくまで個人的な見解ですが

フローリングや建具との
色の相性をチェックしたら

「ちょっと地味すぎるかなぁ」
というぐらいの感覚で選んでも
ちょうど良いくらいかもしれません。

「契約金」妥当ですか?

候補の住宅メーカーとの話の中で
「契約の時には300万円を用意するように」
と言われました。正直そこまでの自己資金は
無いので親から借りるつもりなのですが
この額は妥当なのでしょうか?

契約金300万円の額が妥当か?という質問ですが

■その契約の種類とはどういったものなのか?
設計契約なのか?請負契約なのか?

■家づくりの段階は今どのあたりか?
まだ始まったばかりなのか?
間取り位は決まったのか?
詳細図面がすべて決まったのか?

■実際の建物の価格(請負金額)はいくらなのかか?

ということにもよると思います。

もし、家づくりをその住宅メーカーに
任せようと思っているよという相談者様の
「意思表示」の為のお金だとしたら
ちょっと高過ぎるかなぁと思います。

300万円も払っちゃったんだから…と
後でお客様の気が変わるリスクを減らしたい
そんなメーカー側の意図ですね。

もうひとつ確認しておくべきは、
万が一キャンセルする時には
そのお金がどうなるのか?ということです。

場合によっては
その300万円を没収されてしまう
そんな内容になっていることも有り得ます。
気を付けてください。

もし、「設計費」だと考えても
何億、何十億の建築物なら別ですが
2000~3000万円の個人住宅だとすれば
役所調査や現地調査など設計するための
事前準備と設計作業そのものを合わせても
高過ぎますね。

せいぜい30万円程度もあれば充分だと思います。

また、すべての打ち合わせが終わった後で、
工事を始めるための「準備金」だとしても
300万円先払いというのはちょっと高過ぎると思います。

数年前に施主に必要以上の高額な着工金を
支払わせたあげくに、倒産した住宅会社が有りました。

倒産することが分かっていて
意図的に行ったのではないか?詐欺ではないか?
と大問題になりましたが、契約時に300万円は
それに近い「不自然さ」を感じます。

多分、相談者様もそう感じたから
このように相談してきてくれたように思います。

施主様のそういった直感って
意外と的外れではないことのほうが
多いですね。その直感について
しっかり建築会社に話してみてください。

そして納得できる答えが返ってくれば良いと思います。

LINE公式アカウント