アトラスホームTOP > 家づくり

"家づくり"タグの投稿

朗報です!

早いもので気付けば令和3年も
すでに2週間が経とうとしています。

のんびりとしたお正月ムードからも抜け出し

現実の忙しい日常生活が再開し
叶えたい目標 や 改善したい現状

と向き合っている…きっとそんな時期かと思います。

長野市の工務店アトラスホームの松下です。

私は個人的には「人生100年時代」の
ほぼ折り返し地点にいますので

後半をしっかり「走り切れる」ように
ペース配分、栄養補給、休憩の入れ方などを
具体的に計画しました。
※ランナーあるある「なんでもマラソンに例えがち」(笑)

ところで 今年こそはマイホームを…
そんな目標をお持ちの皆さんに朗報です。

今週末はアトラスホームの見学会です。

なんと 2現場同時開催 です! しかも…

なんと 完成形 と 工事中 の両方が見られます!

ということで

・家づくりを具体的に検討中だという方

・何から始めれば良いか分からないという方

・まずはその気になりたい(させたい)という方

それぞれのお立場や状況に応じた学びが必ず有るはず
ぜひお見逃しの無いようにお出掛けください。

小さな会社ですが 少ないスタッフですが

家づくりに真剣に取り組まれる
皆さんのお役に立ちたいという気持ちだけは
「目一杯」でお待ちしております!

 

悪いことばかりじゃない!

建築の出版を多数手掛ける㈱エクスナレッジさんから
とある「トークイベント」のお知らせメールが届きました。

タイトルは「ワイン片手に図面に乾杯!
中村好文の住宅設計で大切にしていること」

当日は、画面越しではありますが、中村好文さんと
皆さまと乾杯をしたいと思っていますので

ぜひお好きなお飲み物を用意してご参加ください…

こんなこと書かれてしまったら
もちろん参加しない手はありません。

今さらですが念のため…小布施のカフェ
「えんとつ」を手掛けられたのが中村好文さんです。

振り返ってみればコロナに振り回されっぱなしの
2020年でしたが、オンライン打ち合わせやオンライン会議などが
実際に稼働し始めたのもコロナ禍が有ったからこそ…

さらに その締めくくりに尊敬する建築家の先生と共に
ワインを片手にオンラインで素敵なお話が聴けるとは…

頑張っていれば悪いことばかりではないですね!

刺激をたくさん頂き 有意義な時間となりました。

しかも費用は…無料!なんだか申し訳無い気さえしますが
地元信州のお客様の家づくりにお話し頂いたことを
活かしていくことで恩返しをしたいと思う

長野市の工務店アトラスホームの松下でした。

自助・共助・公助

菅総理が 好き とか 嫌いとか
自民党が 良い とか 悪いとか
もちろん私ごときが言う立場には無いですが

菅総理が政策理念として掲げ
一部の野党から強烈に批判された
「自助・共助・公助」については何がおかしいのか?
私の悪い頭では理解ができません。

自分の人生に主体的に取り組まない人
自らの意志で頑張ろうとしない人
にまで 等しく手を差し伸べようとするのは
むしろ不公平では…?と考えてしまいます。

家づくりにおいても全く同じ考えで
「施主様が主体的に取り組まない家づくり」
「施主様ご自身の熱量が無い(乏しい)家づくり」
など そもそも成立しません。

私たち作り手側の熱量や 知識や
経験は もちろん大事です。
(※プロとして常に磨いておく責任があります。)
ただそれらはあくまでも「手段」です。

両者が揃ってはじめて良い家づくりが
出来ると信じていますが 私たち工務店側から
家づくりを始めることは有り得ません。

仮に 他人に薦められ 背中を押され
始められたとしても そういう家づくりでは
ゴールまでたどり着けません。残念ながら
家づくりは そんなに甘くないです。

ちなみに家づくりのゴールは
「完成(引渡し)」ではないです。
それはむしろやっとスタートしたくらいです。

では何をもってゴールなのか?
最低でも住宅ローンの完済でしょうし

それ以降の老後の生活を安心して続けてこそ
真のゴールだと思います。

大切な 私どものOB様たちは
きっと頷いてくださっているはずです。それだけで十分です…
長野市の工務店アトラスホーム代表の松下でした。

「目標」「締切り」を肌身離さず持つ効能

気付くともう来週には12月
時間の過ぎるのは本当に早いですね。

年末の準備のひとつですが
「手帳(の中身)」を購入しました。

慣れていることもあり
20年以上もずっと使っている物です。

予定管理だけなら今時スマホでも十分なのでしょうが
「TODOリスト」や「日記」の役割も担っていて

事務所に着くと まず これを開けることが
ルーティーンになっていて

仕事のリズムらしきものが出来ているので
他の物にはなかなか替えられません。

目標や締切りをたくさん書き込んだ
この手帳があるからこそ動けている…そんな思いがあります。

皆さんが「マイホームを手に入れよう!」

そう思われた時にも 同様に
目標や締切りは大切です。

大きな事業ゆえ困難も多く くじけそうになることも
多かれ少なかれあるでしょうから…

その際に目標や締め切りの感覚をしっかりお持ちのご家族と
無いご家族の間には…大きな差が生まれます。

なかなか家づくりが進まない…とお悩みの方は
まずは「家づくりノート」や「家づくりファイル」を
用意するところから始めてみることをお勧めします!

長野市の工務店アトラスホームの松下でした。

少し先取りした・・・

アトラスホームでは社員全員が
「インフルエンザの予防接種」を
受けることを取り決めています。

数年前に社員、職人の多くが
同時に感染してしまった反省からです。

もちろん費用は会社が負担します。
人は「予防」には
なかなかお金を使えないからです。

困ってから 苦しくなってから
対症療法として「治療」するよりも
よっぽど有効なのですが

「禁酒」「禁煙」「節制」「運動」が難しいのと一緒で

あとで困らない様に事前に取り組むことが有効だとは
分かっていても なかなか出来ないものです。

もちろん私も受けています。

インフルエンザには10年以上
罹患していませんが…念のため。
今年は「コロナ」もありますからね。

いま目の前で起きていることへの対応ばかりでなく、
先々起こり得ることへの備えが大切なのは家づくりも一緒です。

そうやって我々が手掛けさせて頂く
住宅そのものも少しずつ進化しています。

最低限ではなく少し先取りした仕様・・・大事ですね。

長野市の工務店アトラスホームの松下でした。

百人百様

アトラスホームの施主様ご家族が
家づくりで 実現したいこと
大事にしたいこと 譲れないこと は
それぞれのご家族ごとに異なります。
 
完成した家を見て頂ければ
それはすぐに分かるはず。
 
家づくりを真剣にお考えの方で
 
これまでに何度かアトラスホームの見学会に
お出掛けくださった方ならきっと頷いてくださることでしょう。
 
フツーの家族が フツーの家を
フツーに建てられる を 
フツーのことにするのが我々の信条ですので
 
たしかに ご家族構成 や
ご年齢 や お勤め先 や 
世帯収入 は似ているかもしれませんが
 
そのご家族ならではの「ポイント」
というものが家には必ずあります。
 
分譲マンション や 建売住宅 との
一番の違いですね。
 
大袈裟でなく
「世界にひとつだけの家づくり」
なんです。
 
そして長野市にまた一軒
世界にひとつだけの 
素敵な家が完成しました。
  
お施主様のご厚意で今週末に見学会を
行わせて頂きます。今年最後の見学会となりますので
くれぐれもお見逃しの無いようにお願いします…
 
たくさんのご来場をお待ちしております!
長野市の工務店アトラスホームの松下でした。

「棚ボタ」で予算が増えたら

もし、新築工事中に当てにしてなかった親族から
急にお祝いを50万円貰えることになったら
何に使うのが良いと思いますか?

面白いご質問です。

急に、工事中に、「棚ボタ」で
予算が50万円増えたら…ということですが

逆に、工事中に急に予算を絞らないと…
となったら困って途方にくれますが

でも予算が増えるのも
意外と難しいかもしれないですね…

「これはマスト(必要不可欠)」と
言われるものについては、もちろん当初から
含めているでしょうし

工事中ということは、家の仕様で言うと
変更の出来ないものがほとんどでしょうからね・・・

あと我々の場合は必要な家電や家具や
外構の費用なんかも あらかじめ予算取りをして

家づくりにまつわるすべての費用を
把握しておくようにお伝えしているので

新しい暮らしに必要な
しかも予算の大きなものについては

「家そのもの」以外の物でも
ある程度は想定してあるでしょうからね。

ということで、改めて考えてみると
決して必要ではないけれども「有ればより便利…」とか
「有ればより素敵…」という物ということですよね。

例えば新調するつもりの冷蔵庫や洗濯機について
より機能の高い物にグレードアップするとか

庭のフェンスなんかをやはり
よりカッコ良い高価な物に変更するとか

新居に飾ろうと思っていた「絵」を奮発するとか
そういう類のものですよね・・・

そう考えると私なら
やはり購入しようと思っている家具を
グレードアップするかもしれません。

家具は電気製品などと違い
故障するということもほとんど無いぶん

一度買ったら買い替えをせず
かなり永く使う物となりますからね

予定していた物よりも長く使えそうな
本質的な部分で良い物にするかもしれません。

このあたりはもちろん「個人の価値観」の
問題になってしまいます。

極めて個人的な回答となっていますので
あくまで一つの意見・考え方として
ご参考にしてください。

まあ、先の見通しのしづらいこんな時代ですから
やはり特に何かにお金を使うということではなくて

「そのぶん借り入れを減らす」という選択肢が
実は一番のお勧めかもしれません。

エネルギーの使い方

混乱の「合衆国大統領選挙」
ここ最近の 赤 VS 青 という
スポーツ観戦的に加熱する報道に
若干 違和感を覚えました。
  
他国の大統領が誰になるか?気にする暇があるなら
自国の、地元の選挙にきちんと行けば…と
考えてしまう私はリアリスト過ぎるのでしょうか?
 
長野市の工務店アトラスホームの松下です。
 
もちろん今はインターネットのおかげで
世界は狭く、緊密に影響し合っていますから
 
誰がアメリカ大統領になろうが
私たちの暮らしには何も関係無い
などとは思っていません。
 
でも私たちにはそもそも投票権すらありません。
 
それなら もっと身の回りのこと
自分達の手で変えられること に
まずはエネルギーを使うほうが健全かと思います。
 
それは家づくりでも全く一緒です。
 
たくさんのお客様とお合いし
お話をさせて頂きますが なかには
 
他のご家族の家づくりに振り回されたり…
他のご家族の家づくりに嫉妬したり…
他のご家族の家づくりを揶揄したり…
 
失礼ながらエネルギーの使い方を
間違っているようなご家族もお見掛けします。
 
逆に 決して楽しい作業ではありませんが
 
我が家の現実の家計簿と向き合い… 
我が家の家族の将来を考え…我が家の人生設計を立案し…
適正な住居費から安全な資金計画を導き出す…
 
そんなことを着実に行えるご家族こそが
家づくりで実際に成功しています。
 
長いようで短いのが人生か?
短いようで長いのが人生か?
難しいことは私には分かりませんが
 
いずれにしても一度きりの人生を
そして限りのあるお時間を
有効にお使い頂きたい…心からそう思います。

勇気を出して 重い腰を上げて

本当に残念なことですが
今年は 長野マラソンも 松本マラソンも
その他トレイルの大会も県内のレースはほぼ中止で

日々のトレーニングのモチベーションが上がらない…
そんなランナーも多いことでしょう。

アトラスホームの最速ランナー(!)
廣田君も最近は全く走れていないそうです(秘)

そんな中 走ることで被災地を応援できる

オンライン・チャリティーマラソン
「2020長野マラソン希望RUN」が
開催されると聞き参加してみました。

マラソン とはいっても
スマホのアプリを起動しながら2週間の間で
好きな日時に 何回かに分けて走る

それがデータとして残り 記録 となる
そんな とてもゆるーい物でした。
※私は4回に分けて行いました。

それでも わずかですが誰かの為になり
さらに自分のトレーニングのやる気にもつながり
結果的にはとても良かったと思っています。

自分では何も行動しないくせに
SNSなどで他人の行動や言動には文句する人が多い
そんな今のご時世ですが

実際に自分でやってみて初めて分かること
実感しないと絶対に理解できないこと
がたくさんあることは

勇気を出して 重い腰を上げて
行動してみた人にしか やはり分からない

禅問答みたくなってしまいましたが真理です。
そして…それは家づくりも全く一緒です。

長野市の工務店アトラスホーム代表の松下です。

プロの仕事 アマチュアの趣味

「家でクッキーを焼けば保存料も使わないし
砂糖やバターの量も調整できてヘルシー!
しかも材料費しか掛かっていないから
すごく安上がり!お店で買うの馬鹿らしくて…」

こういうセリフよく耳にします…
もっともらしいですが後半はウソですね。

そうですね。「安上がり」という部分

家のオーブンで焼くのなら電気やガスの「光熱費」と
機械の「損料」が計算されていません。

そんなことより一番大きいのはそのために要した時間…
つまり「人件費」が計算されていません。

えっ?趣味で空いてる時間で作ったから別に…

はい。でも、その2時間 もし外で働いていたら
(パートでも)2,000円位稼げたはず。

しっかり計算すれば「手作り」クッキーは
めちゃくちゃ「高い」物です。

もちろん健康的だし、趣味であれば
その時間自体が癒しでもある訳で
心も豊かになりとても素敵ですが
「損得勘定」となれば話は別です。

少し前「主婦がスーパーでポテトサラダ買うな!」
と言って炎上したおじさんが居たそうですが
ポテトサラダなんて時間も手間もとても要する料理で
それを考えたらスーパーで買った方が絶対に安い訳です。

いまどき「手作り」ほど
「高価」で そして「豊か」な物ありません。

家づくりでも同じような話があります。

「造作家具は安いんでしょ?」とか
「ネットで買って付ければ割安!」と仰る方が居ますが
多くの方が材料費「しか」計算していません。

趣味でやっている素人の日曜大工と違い
技術を持つプロの職人が現場に出掛け
実際に手を動かす「時間」や 彼らの専用工具には

見えにくいですがもちろんお金が掛かっています。

そして今回はそんな素敵な造作部分がたくさんの
住まいが山ノ内町に完成しましたので
施主様のご厚意で見学会を開催させて頂きます。

ぜひお出掛けください!
長野市の工務店アトラスホームの松下でした。

LINE公式アカウント