アトラスホームTOP > 長野市の工務店アトラスホーム

"長野市の工務店アトラスホーム"タグの投稿

晩秋のアイス

私 基本的にギャンブルやりません。
博才がゼロなのを自覚しているからです。

長野市の工務店アトラスホームの松下です。

宝くじも買いません。くじ運も無いのです。

懸賞もほとんど当選したことありません。
小学生の時「コロコロコミック」で
5等のシールが一度当たったくらいです。(苦笑)

そんな私が先日ガソリンスタンドの
キャンペーンでアイスが当たりました!

300円位のアイス…どうってことないのですが
それなりに嬉しく直ぐにコンビニへ交換に行きました。

そうです。現物をくれる訳ではなく
コンビニで交換できるクーポンを貰ったのです。

無料で300円のアイスを貰うつもりでしたが
なんとなくそれだけでは申し訳無い気がして

美味しそうなコンビニスイーツが目に入り
手に取りレジへ…結局300円払いました(泣)。

世の中の仕組みがよく分かりました。

妻が「甘いおみやげ」を喜んでくれれば
それも悪くないか…と思いましたが

事の経緯を話すと一言「思う壺だね…」
と呆れられました。

住宅メーカーがしょっちゅう行なっている
「特別キャンペーン」などもまさにそうですが
世の中にそんなに「うまい話」はないですね。

改めて思い知らされた51歳の晩秋でした…

「目標」「締切り」を肌身離さず持つ効能

気付くともう来週には12月
時間の過ぎるのは本当に早いですね。

年末の準備のひとつですが
「手帳(の中身)」を購入しました。

慣れていることもあり
20年以上もずっと使っている物です。

予定管理だけなら今時スマホでも十分なのでしょうが
「TODOリスト」や「日記」の役割も担っていて

事務所に着くと まず これを開けることが
ルーティーンになっていて

仕事のリズムらしきものが出来ているので
他の物にはなかなか替えられません。

目標や締切りをたくさん書き込んだ
この手帳があるからこそ動けている…そんな思いがあります。

皆さんが「マイホームを手に入れよう!」

そう思われた時にも 同様に
目標や締切りは大切です。

大きな事業ゆえ困難も多く くじけそうになることも
多かれ少なかれあるでしょうから…

その際に目標や締め切りの感覚をしっかりお持ちのご家族と
無いご家族の間には…大きな差が生まれます。

なかなか家づくりが進まない…とお悩みの方は
まずは「家づくりノート」や「家づくりファイル」を
用意するところから始めてみることをお勧めします!

長野市の工務店アトラスホームの松下でした。

百人百様

アトラスホームの施主様ご家族が
家づくりで 実現したいこと
大事にしたいこと 譲れないこと は
それぞれのご家族ごとに異なります。
 
完成した家を見て頂ければ
それはすぐに分かるはず。
 
家づくりを真剣にお考えの方で
 
これまでに何度かアトラスホームの見学会に
お出掛けくださった方ならきっと頷いてくださることでしょう。
 
フツーの家族が フツーの家を
フツーに建てられる を 
フツーのことにするのが我々の信条ですので
 
たしかに ご家族構成 や
ご年齢 や お勤め先 や 
世帯収入 は似ているかもしれませんが
 
そのご家族ならではの「ポイント」
というものが家には必ずあります。
 
分譲マンション や 建売住宅 との
一番の違いですね。
 
大袈裟でなく
「世界にひとつだけの家づくり」
なんです。
 
そして長野市にまた一軒
世界にひとつだけの 
素敵な家が完成しました。
  
お施主様のご厚意で今週末に見学会を
行わせて頂きます。今年最後の見学会となりますので
くれぐれもお見逃しの無いようにお願いします…
 
たくさんのご来場をお待ちしております!
長野市の工務店アトラスホームの松下でした。

「透明性」

大学時代の親友から久しぶりに連絡が…

知り合いが某大手ハウスメーカーの
中古住宅を検討中だけどどう思うか?とのこと。

県外の全く土地勘のないエリアだったので
土地の価値・価格・評価についてはコメントできないよ…
と断りつつ しかし 建物については
私が昔働いていたメーカー(!)

ついでに言えば私自身が
実際に今住んでいるメーカー(!)

のものでしたので(笑)

・事前によーく確認すべきこと
・もし買うなら今後想定しておいた方が良いこと

そして 逆に

・意外なメリットとなること
など出来るだけ公平な視点からお伝えしました。

親友の大事な知り合い
私自身がお手伝いできない地域ということで
100%利害関係が無い立場でのアドバイスとなった訳ですが

そのせいか?納得して頂いたようで役に立てて良かったです。

そのやりとりを通じて これまでも なんとなく
感覚的に分かっていたつもりですが

これからの令和の時代は「公正」「中立」
そしてなにより「透明性」

このあたりが全ての「基本」なんだよな
と改めて思い知らされました。

これまでの常識が全く通用しなくなる
全く新しいルールが生まれる

そうなってから慌てない様に
感性を磨いておかないといけませんね。

古臭い慣習にとらわれて気付いたら
「浦島太郎」に…ならないよう気を付けます!

長野市の工務店アトラスホームの松下でした。

急な出費!?

突然ですが皆様のお宅の洗濯機は
買ってから何年目ですか?いつ買ったか?
意外と覚えてなかったりしますよね。

ちなみに生真面目な我が実父は
そうならないように…こんな感じです。

長野市の工務店アトラスホームの松下です。

その血は私にも流れているはずですが…
我が家の洗濯機がそろそろ壊れそうなのですが
何年目だったか?まったく分かりませんでした(汗)

今、妻と共に後継えらびを検討中ですが
長男も巣立ち3人家族となりましたので
小さめのシンプルな物にするつもりです。

それでも10万円近い出費…

もしこれが10年間使えると仮定すると
1万円/年の償却となるので

さらに次の買い替えまでの間に
毎月850円程「洗濯機貯金」をしておくと
理屈上は「急な出費💦」となりません。

ただ、同様に「冷蔵庫貯金」「エアコン貯金」
「テレビ貯金」「電子レンジ貯金」「PC貯金」…も
必要となりさすがに管理しきれないので

ある程度、高額な家電の耐用年数と
購入費をあらかじめ計算したうえで
まとめて例えば毎月8,000円の「家電貯金」
とすれば安心かもしれません。

形あるものは必ず壊れます。予め想定できる準備です。

もっと金喰い虫の「マイカー」も
全く同じ要領で準備すべきですし

一番大きなカタチあるもの として「住まい」も
もちろん一緒です。

何度もお伝えしている「リフレッシュ貯金」
「メンテナンス貯金」がそれに当たります。

こちらは10,000円/月が目安です。
長期優良住宅の一つの基準でもあります。

1年に12万円、10年で120万円…30年で360万円となりますが
決して多すぎることは無いと思います。

外装の塗替えや、キッチンをはじめとする
住宅設備の修理、給湯器の交換など
長い期間の中では必要となります。

逆に言えば、住宅ローンの返済だけで
あっぷあっぷでは長く快適に過ごせません。

これからマイホームを検討されている皆様
ぜひ予めご承知おきください!

エネルギーの使い方

混乱の「合衆国大統領選挙」
ここ最近の 赤 VS 青 という
スポーツ観戦的に加熱する報道に
若干 違和感を覚えました。
  
他国の大統領が誰になるか?気にする暇があるなら
自国の、地元の選挙にきちんと行けば…と
考えてしまう私はリアリスト過ぎるのでしょうか?
 
長野市の工務店アトラスホームの松下です。
 
もちろん今はインターネットのおかげで
世界は狭く、緊密に影響し合っていますから
 
誰がアメリカ大統領になろうが
私たちの暮らしには何も関係無い
などとは思っていません。
 
でも私たちにはそもそも投票権すらありません。
 
それなら もっと身の回りのこと
自分達の手で変えられること に
まずはエネルギーを使うほうが健全かと思います。
 
それは家づくりでも全く一緒です。
 
たくさんのお客様とお合いし
お話をさせて頂きますが なかには
 
他のご家族の家づくりに振り回されたり…
他のご家族の家づくりに嫉妬したり…
他のご家族の家づくりを揶揄したり…
 
失礼ながらエネルギーの使い方を
間違っているようなご家族もお見掛けします。
 
逆に 決して楽しい作業ではありませんが
 
我が家の現実の家計簿と向き合い… 
我が家の家族の将来を考え…我が家の人生設計を立案し…
適正な住居費から安全な資金計画を導き出す…
 
そんなことを着実に行えるご家族こそが
家づくりで実際に成功しています。
 
長いようで短いのが人生か?
短いようで長いのが人生か?
難しいことは私には分かりませんが
 
いずれにしても一度きりの人生を
そして限りのあるお時間を
有効にお使い頂きたい…心からそう思います。

勇気を出して 重い腰を上げて

本当に残念なことですが
今年は 長野マラソンも 松本マラソンも
その他トレイルの大会も県内のレースはほぼ中止で

日々のトレーニングのモチベーションが上がらない…
そんなランナーも多いことでしょう。

アトラスホームの最速ランナー(!)
廣田君も最近は全く走れていないそうです(秘)

そんな中 走ることで被災地を応援できる

オンライン・チャリティーマラソン
「2020長野マラソン希望RUN」が
開催されると聞き参加してみました。

マラソン とはいっても
スマホのアプリを起動しながら2週間の間で
好きな日時に 何回かに分けて走る

それがデータとして残り 記録 となる
そんな とてもゆるーい物でした。
※私は4回に分けて行いました。

それでも わずかですが誰かの為になり
さらに自分のトレーニングのやる気にもつながり
結果的にはとても良かったと思っています。

自分では何も行動しないくせに
SNSなどで他人の行動や言動には文句する人が多い
そんな今のご時世ですが

実際に自分でやってみて初めて分かること
実感しないと絶対に理解できないこと
がたくさんあることは

勇気を出して 重い腰を上げて
行動してみた人にしか やはり分からない

禅問答みたくなってしまいましたが真理です。
そして…それは家づくりも全く一緒です。

長野市の工務店アトラスホーム代表の松下です。

子として 親として

「親孝行したい時に親は無し」
などと言いますが

たしかに友人や知人にも
早くに親御さんを亡くされた方もいて

51歳で両親がまだ健在の私を
羨ましいと言って頂く機会も増えました。

ただ 私の場合
就職とともに実家を離れて以来

忙しさと距離とを言い訳に
盆・正月・GW位しか帰省しない時期が
長く続いていました。

それでも 両親も そして私も
歳を重ね 互いに背負うものも増え
最近は帰省する頻度が増えています。

先日も千葉まで出掛けてきました。

仕事柄 お客様家族の「親子関係」に
関わらせて頂き 偉そうに意見父親させて頂く
機会も少なくない訳ですが

そんな時の 俯瞰的に見ている世界と
自分自身の直面する世界とは
全くの別物でまだまだ修行が続きそうです。

そして 今回は…ついでに埼玉まで足を伸ばし
一人暮らし中の長男とも会いお酒を飲み語ってきました。

今度は「父親」として…全く逆の立場ですね。

もちろん同じ人間な訳ですが
数時間前までの息子としての言動と

父親としての言動と 自分の中でも
ちょっと整理しきれずに
なかなか不思議な感覚を味わいました・・・

長野市の工務店アトラスホームの松下でした。

プロの仕事 アマチュアの趣味

「家でクッキーを焼けば保存料も使わないし
砂糖やバターの量も調整できてヘルシー!
しかも材料費しか掛かっていないから
すごく安上がり!お店で買うの馬鹿らしくて…」

こういうセリフよく耳にします…
もっともらしいですが後半はウソですね。

そうですね。「安上がり」という部分

家のオーブンで焼くのなら電気やガスの「光熱費」と
機械の「損料」が計算されていません。

そんなことより一番大きいのはそのために要した時間…
つまり「人件費」が計算されていません。

えっ?趣味で空いてる時間で作ったから別に…

はい。でも、その2時間 もし外で働いていたら
(パートでも)2,000円位稼げたはず。

しっかり計算すれば「手作り」クッキーは
めちゃくちゃ「高い」物です。

もちろん健康的だし、趣味であれば
その時間自体が癒しでもある訳で
心も豊かになりとても素敵ですが
「損得勘定」となれば話は別です。

少し前「主婦がスーパーでポテトサラダ買うな!」
と言って炎上したおじさんが居たそうですが
ポテトサラダなんて時間も手間もとても要する料理で
それを考えたらスーパーで買った方が絶対に安い訳です。

いまどき「手作り」ほど
「高価」で そして「豊か」な物ありません。

家づくりでも同じような話があります。

「造作家具は安いんでしょ?」とか
「ネットで買って付ければ割安!」と仰る方が居ますが
多くの方が材料費「しか」計算していません。

趣味でやっている素人の日曜大工と違い
技術を持つプロの職人が現場に出掛け
実際に手を動かす「時間」や 彼らの専用工具には

見えにくいですがもちろんお金が掛かっています。

そして今回はそんな素敵な造作部分がたくさんの
住まいが山ノ内町に完成しましたので
施主様のご厚意で見学会を開催させて頂きます。

ぜひお出掛けください!
長野市の工務店アトラスホームの松下でした。

現場感

休日に愛読誌「NUMBER」を読んでいたら
なんとトヨタの社長のインタビューが…

あれ?これ広告かな?

それとも…間違って
ビジネス誌を手に取ってしまった?

いえいえ、どちらも違いました。

自動車 と 住まい
製品も別ですし

そして企業としての規模は
それこそ天と地ほど(笑)異なりますが

モノづくり企業のトップとしての
姿勢や考え方には本当に共感してしまいました。

特に「現場感」という言葉は
非常にしっくりきました。

・家づくりに悩むお客様と会ってお話をしたり
・実際に建築現場に出て建築する職人と議論して
私自身が「最前線」を知っていることがやはり大事です。

もちろん経営している以上は
算盤勘定やマネージメントも欠かせませんが

それだけじゃ駄目だと考えています。

それにしても 下手なビジネス誌より
よっぽど学びになる「NUMBER」
これだから止められません。

仲間の経営者にもいつもお勧めしていますし
引き続き定期購読でお世話になります!

長野市の工務店アトラスホーム
代表の松下でした。

LINE公式アカウント