アトラスホームTOP > 家を建てる

"家を建てる"タグの投稿

コロナ禍でのマイホーム購入は無謀?

今コロナの影響で少し収入が減ってきています。
家を建てるためにローンを組むことが心配です。
アパートのまましばらく様子を見ているほうが良いでしょうか?

コロナの影響で残業が無くなったり
ボーナスがカットされてしまったり・・・
収入が減ってしまう・・・ご心配ですよね。よく分かります。

ただ、経験的に言えばこういう方はほぼ大丈夫です。

なぜか?それは…あらかじめ不測の事態に備えた
手堅い計画を立てられるからです。

私たちが心配するのはこの方のようには
危機感を持っていない方です。

で、本題ですが

今、家賃を払って賃貸住宅にお住まいということですが
もし、この先、さらに収入が減ったとして その場合に

もっと家賃の安い別のアパートに引っ越すことは
可能でしょうか?

そして実際にお近くにそういう物件は有りますか?

それとも、ご実家などに入られますでしょうか?

同様に実際にそれは可能なことですか?

もしそういうことが出来なかったとして、
かなり極端な例ですが…「野宿」をしますか?

もちろんそんなことはしないはずです。

つまり…究極的には「住居費」をどう捉えるか?
ということだと思います。

住まいは まさに「衣食住」のひとつで
我々人間にとって必要不可欠なものです。

飲まず食わずでは困るのと一緒です。

そしてそれにまつわる費用も一必要不可欠です。

持ち家・マイホームというと
不思議なのですが何故か?「ぜいたく」で
「お金に余裕がある方の物」というイメージも
あるかもしれませんが私は違うと思います。

持ち家だろうが賃貸だろうが
「住まい」は欠かせない訳で
同様に当然それに伴うコストもかかります。

つまり不測の事態を心配するのであれば
この先、家賃を払っていけるかなぁ?という心配も
同じようにしないといけないはずです。

その根本は「家賃」より「返済」のほうが
極端に高いと勘違いされているためだと思います。

冷静によく考えてみて頂きたいのですが
今や人生100年時代です。

家賃には終わりがありません。
生きている限り、住んでいる限り
払い続けることになります。

その期間の「総住居費」を考えた際に
持ち家の場合のローン返済だけが
極端に高い訳ではないと思います。

誤解があるといけませんので念のためですが、
もちろん固定資産税や、維持修繕費や、
水道光熱費などを総合的に考えてみて・・・です。

長野県で考えた場合ですが・・・

要は 「不測の事態」も想定した
ある程度余裕のある資金計画を立てているか?

そういう堅実なマイホーム計画を立てているか?
これに尽きると思います。

もちろん家づくりはとても楽しいものですので
間取りや設備などを検討しているとついつい
大きな家や豪華な家となりがちです。

「夢の…」という枕詞の付くマイホームですが
地に足を付けた堅実な計画であれば

むしろ賃貸よりも安心な部分も多いです。

この辺りは以前にご紹介した
「団体信用生命保険」という別の動画でも
ご説明していますのでぜひご覧ください。

 

シックハウスと関わらないために…

子どもにアレルギーが有るので家を建てる時には
出来るだけ自然素材を使って建てたいと考えています。
その際に何か気を付けるべきことが有れば教えてください。

もう20年近く前になりますかね・・・
いわゆる「シックハウス症候群」が社会問題になりました。

新築する際の「建材」に含まれる「化学物質」が原因で
体調不良を起こす人がとても多くなったのです。

私自身も花粉症や果物アレルギーなので
どちらかと言えば敏感で、

たしかに大手ハウスメーカーに入社した若い頃は
壁紙を貼っている現場に行くとよく目がチカチカして
涙が止まらなくなっていたのを思い出します。

で、国が動き2003年に「建築基準法」が改正されました。

特に発がん性が高いホルムアルデヒドの
発散レベルによって建材がランク付けされ
そのランクによって使える面積が限られるようになりました。

ということで、いまこの2019年に
日本で実際に建てられている住宅は
特別に自然素材だけで建てたものでなくても
以前と比べるとかなり良くなってきています。

ご質問者様はさらに「自然素材」の
特別な家づくりを望まれているようですが

そういう家でもキッチンなど
家に付帯する住宅設備には
割と既製品が置かれていて、それには
もちろん接着剤が使われています。

そしてどれだけ自然素材にこだわっても
生身の人間の身体の問題ですので
「絶対」ということがありません。

「個人差」が大きい訳です。花粉症でさえ
何の反応も出ない人も居れば、重症の方も居れば、
軽い症状の方も居ますよね?

ということで今回は注意して欲しいことを
3つ上げてみます。

1、まずはカタログの数値やデータだけで
判断するのではなく、自分の、ご家族の
身体を使って体験、体感してください。

具体的には気に入っている会社の
「お客様の家見学会」に出掛けて
さっと見学するだけでなくて

少なくとも30分とか1時間くらいは
ゆっくり滞在して、その家の空気を
「体感」するということでしょうね。

それで頭が痛くなるとか、目がチカチカする、
咳が止まらないという様な事が無いかを
確認できれば「ある程度」は安心ですよね。

2、仮に、家そのものが空気を汚さない
建材を使って建てられていたとしても
その家に後から入ってくる「カーテン」や「家具」や、
それから日用品など持込み品にも気を付けてください。

もちろん、そういうことも想定して建築基準法では
機械を使った計画換気が求められています。

具体的には2時間で1軒の家の中の空気が
丸々入れ替わる量の換気が要求されています。

3、ただ、当然ですが、機械を使っていますので
家主さんが意図すれば止められます。
電気代が勿体ないから…なんていう感じですね。
適切な使い方をしないと立派な換気設備も役に立ちません。

お気を付けください。

「平屋」ってどうよ?

「平屋が良いなぁ~」と思っているのですが
贅沢だと皆から言われます。どういうことですか?

平家・・・たしかに良いですよね。
私も憧れます。やはりとても暮らしやすいです。

上下階の移動が要りませんので当然ですが・・・

まあマンション住まいの方は皆さんそうです。

私自身も、実家はマンションで
もともとマンションで生まれて育ったので、逆に
子供の頃は、友達の一軒家の階段が羨ましかったです。

戸建の2階建ての家の上下階の移動って、
正直なところ若い時はどうってことないと思います。

ただ、やはり歳を重ねて足腰が少し不自由になったり
体力が落ちてからのことを心配して…
やはり平屋が良いなぁという方が増えています。

で、本題です。平家が贅沢だというのには

大きく2つの理由があります。

まずは1つ目、それは単純に平家を建築しようとすると
敷地もそれなりに広く必要になるからです。

もちろん
「土地はもともと持っているよー」
とか
「広い土地が安く購入できる
のどかなロケーションだよー」
というなら、あまり気にしなくても良いでしょうが

土地も購入しなければならないご計画で
さらにそれが都市部であれば

広い敷地を用意するという事は
やはり経済的に負担も多くなりますからね。

それから2つ目は・・・家の建築費についてです。

なぜか?と言うと単位面積あたり
例えば1坪あたりの建築費が
2階建ての家と比べて平屋は割高だからです。

ほとんどの方がご存知だとは思うのですが
念のためご説明します。

例えば、同じ30坪の面積の家を建てるとして

極端な例のほうが分かり良いと思うので

あえて総2階の30坪のおうち…

この場合、基礎は15坪分の大きさ、
屋根も15坪分の大きさがあれば
建物として成立します。

しかしこれが30坪の平屋であれば
基礎も屋根もそれぞれ30坪分必要です。

基礎とか屋根・・・その役割からみても
住まいにとって、とても重要な部分になります。

住まいで重要じゃない部分なんてないのですが

それでも

家を支える構造的な要の部分である基礎と

強烈な日差しや雨や雪から家を守ってくれる
要の部分の屋根

この基礎と屋根が同じ広さの空間を
構成するために2倍も必要になる

これが、平屋が高くなる原因なんですね。

日頃の家事を含めた暮らしやすさ
老後の暮らしへのご心配などから皆さまが
平家を望まれるお気持ちはよくわかります。

一方で経済的に安全な家づくりを進めて
いただくことも、やはりとても大事な事ですので

例えばお子さんのお部屋や納戸など
使用頻度が少ない空間だけでも
二階に上げてしまうとか

階段をとにかく緩やかに設計し
上下階の移動が少しでも安全にラクに
できるようにすることも1つの考え方かなと思います。

それは詭弁と言われてしまうかもしれませんが

安全な家の中での、安全な形状の階段であれば
その上り下りというのは捉え様によっては
いつまでも健康的に長生きするための
足腰を鍛えるためのトレーニングとしても
考えられるかもしれません。

マイホームに愛着を持つには・・・?

長かった今年の梅雨…
  
日照時間が短かったので
家庭菜園の野菜たちの
出来がいまひとつでした
 
アトラスホームの松下です。
 
菜園に興味の無かった頃は
テレビで「天候不良のため
野菜の価格が高騰しています!」
というニュースを見ても
 
「食費に響くなぁ…」程度に
頭での理解はしていましたが(汗)
 
実際に自分で野菜作りを
経験するとより直接的に
身体感覚で「こりゃ大変だ!」と
腹に落ちます。
 
そして、多少色づきの悪いものや
小ぶりのものでも、形が悪くても
文句を言わず「より大切に」
戴こうという気持ちになります。
 
それは家づくりにも通じます。
 
やはり家を建てるための
打ち合わせや準備の過程で、
施主様自身が主体的に、積極的に
関わられた方ほど引き渡し後も、
愛着を持って住まいを大切に
手入れして使われているのです。
  
逆に、分譲地などで
よくお見かけするのですが
 
大手のハウスメーカーさんの
施工された家などで
 
会社に強く押されたり、
無理矢理引っ張られて、
施主様自身は受け身で
関わられたのか?分かりませんが、
家やお庭の手入れが杜撰だったり…
というお宅もあります。
 
オモシロイものだなぁ
と思います。
 
私たちアトラスホームの
施主様は例外なく前者です。
 
広告でもHPでも
「お客様にも家づくりに参加して頂く」
と私たちは宣言していますので
当然のことですが…
 
そして明日・明後日の2日間
そんなお客様たちが
「自分ごと」として
 
積極的に関わってくださった
素敵な住まいをご覧頂ける
完成現場見学会を行ないます。
 
ぜひご参考になさってください。
ご来場をお待ちしております!

「事前審査」はいつすべき?

「『住宅ローンがどれだけ借りられるか?
一回、銀行で審査しておきましょう!』
と某住宅メーカーの営業さんから言われました。

具体的なことはまだ何も決まっていないのですが
本当に必要なのでしょうか?

はい、まず、この営業マンさんのセリフには
大きな間違いがあります。

住宅ローンは

× 『どれだけ借りられるか?』から考えてはダメです。

○ 『毎月いくらなら安全に返せるか?』から考えてください。

そうでないと得てして「借り過ぎ」の状態に陥りやすいです。

 

で、今回のご相談者様のケースでは
金融機関さんに出向くのは少し早いように思います。

まずはご夫婦で家計簿を見ながら
『毎月安全に返せる額』を決める。
そしてその額から逆算し「借りる額」を決めましょう。

その「借りる額」に
拠出する予定の「自己資金」を足した
「総予算」をイメージして

その中で土地を買ったり
家を建てたりすることをシュミレーションしてみましょう。

それが概ね決まってから
その金額が確実に借りられるのか?

どんな条件で借りられるか?
を審査してもらうべきかなと思います。

その営業マンさんのお気持ちとしてはおそらく
「打ち合わせをたくさんした挙句に
そのお客様が結果的に住宅ローンを
借りられない人だったら、

掛けた時間や労力がムダになってしまう・・・
なので先に見極めたい」

恐らくそんなところではないでしょうか?

親に「家づくり」を反対された…

「旦那の両親から家づくりを

反対されています。どうすれば良いですか?」

 

ビックリされたかもしれませんが、これは
家づくりの仕事をしているとよく経験することです。

ひと言で「親の反対」といっても
大きく分けて2つのケースに分けられます。
どちらかによって対策も変わりますので
まずはそこからお話ししましょう…

まずは…「親御さんが心配しているケース」

親御さんの立場から見ると、当然なのですが
自分の子供は「いつまでも子供だ」と思いがちです。

そして自分自身の過去の経験を振り返ってみても
「家づくり」といえば人生の一大事だったので、
純粋に心配してくれていることが多いのです。

「頭金は貯めたのか?」
「人生設計をしっかり検討したのか?」
「悪い業者にそそのかれてないか?」

親御さんの心の中でも、
そんな気持ちがモヤモヤしているのですね。

逆に言えば「家を建てたい」という希望だけを
いきなり伝えるとそうなりがちです。

じゃあどうすれば良いかというと・・・
親御さんに安心してもらえるような材料

それは具体的には
資金計画書、ライフプラン、スケジュール表などを、
きちんと用意したうえで、今の状況を
しっかりご報告することに尽きます。

つまり元をたどると…「コミュニケーション不足」
が原因となっていることが多いです。

「まだ早い」とか「止めておけ」などという
親御さんの「セリフ」をそのまま受け取るのではなく

「じっくりと時間を掛けて色んなことを
しっかり検討したのか?心配をしているよ!」
と解釈されると良いと思います。

親御さんからの暖かいアドバイスだと捉えてください。
親心というものを察して「きめ細かな報告」を
試みてはいかがでしょうか?

次に…「一緒に住みたい、一緒に住むつもり、
など親御さんのほうにも住まいについて
ある程度具体的な計画を持っているケース}です。

親御さんとのコミュニケーションが
しっかり取れていないという点では
大きく考えると先ほどのケースと一緒です。

ただ、この場合には先ほどのケースの様に
単純に「報告」をすれば良い…というのと比べると
家族での重要な「会議」が必要になると思うので
ちょっと大変です。

親御さんのご意向と自分たちの希望とが
同じ方向を向いていれば良いけど

そうでない場合には「代替案」を
探さなければならなかったり
どちらか?もしくはどちらも、が妥協や我慢を
するというような「調整」が必要になる場合もあります。

個人・家族の問題だけに留まらず
親族の問題に発展する場合もあります。

「長男なのだから…」「跡取りなんだから…」
「代々受け継いできたのだから…」
「この後の面倒は誰がみるの?」
なんてセリフが出たりもするようです。

お金が絡むとさらに大変です。

「相続」は「争続」と書くことも有る位です。

こういう隠れた問題
「あえて臭いものに蓋をしていた」とも言えますが

「家を建てる」ということが「きっかけ」となって
炙り出されるということですね。

もちろん個々に事情が異なりますし
繊細かつ難しい問題です。
決まった答えがある訳でもありません。

ただ、片付けるべき、白黒ハッキリつけるべき
時期が来たという「お知らせ」だと「解釈」して
逃げずに向き合うべきなのでしょうね。

これもまた「家づくり」の一面です。

何から始めたら良いですか?

「家を建てたいのですが
何から始めたら良いですか?」

これもよく頂くご相談です。

まずは「会議」を持つことです。

ご夫婦を中心にした「家族会議」
そしてさらに親御さんなどを交えた
「親族会議」です。

そこで、どんなことを話すか?なんですが

これは特段「家づくり」に限ったこと
ではないですが…まずはやっぱり
「全体像を掴む」というのが
とても大事だと思います。

例えば、プロの絵描きは
人間の顔を描く時にいきなり
ホクロとかシワから描き始めません。

まずは顔の輪郭を大まかに描いて
目や鼻の位置をざっと描いて
最初は全体のバランスを取りながら
徐々に線を濃くしていって細部を詰めていく、
そんな書き方をすると思います。

家づくりも全く一緒で、
最初からあまり細かな細部、
ある特定のポイントに力を入れ過ぎると
全体のバランスが崩れてしまいやすいです。

実際に「家づくりで失敗した人」の
共通点で多いのがある一要素にだけ
極端にこだわって他の事がないがしろ…
というパターンです。

そうならない為には…「5W1H」を
確認するようにしてください。

「5W1H」中学の時の英語の授業で
習いましたよね?覚えてますか?

・WHEN 「いつ」ですね

家づくりで言えば例えば
「アパートの次の更新までに入居したい」とか
「子供の入学式までに入居したい」とか
「子供が進学してから引っ越したい」とか
「定年までに住宅ローンを払い終わりたい」とか
いろいろな目標となる時期が有ると思います。
そういったスケジュールに関してです。

・WHERE 「どこ」ですね

これは家づくりで言えば、どこに住みたいのか?
つまり土地からのご計画の場合の
どこに土地を買うのか?ということですね。

・WHO 「誰が」ですね

これは家づくりの場合は「誰と」と
読みかえてください。誰と家づくりするか?
つまり「建築業者えらび」ということですね。

・WHAT 「何を」ですね。

これは家づくりで言えば、もちろん
どんな家を建てるのか?工法とか仕様とか
間取りとかいう「家そのもの」の検討だと
考えてください。

・HOW MUCH「いくら」ですね。

家づくりで言えばお金のこと「資金計画」ですね。
適正な予算はいくらなのか?
安全に返済し続けられるのは
月々どのくらいか?そして建てた後に
どんなお金がいくら位掛かるか?そんなことです。

・WHY「なぜ」ですね。

これは家づくりで言えば、なぜ家が欲しいのか?
どういう目的で家を建てたいのか?
そもそも本当に家が必要なのか?そんなことです。

この5W1Hについて最初はわざと
広く、浅く、まんべんなく、話合ってみてください。

まずは全体像を掴むこと。そうでないと
偏った変な家づくりになりかねません。

よくお見かけするのが
「WHAT(工法・仕様)」と
「WHO(業者選び)」だけは
ものすごい力を入れて検討するのに
その一方で「HOW MUCH(資金計画)」に
関してはノーマークというようなパターンです。

典型的な大失敗例である
「住宅ローン破綻」というような
取り返しの付かないことになりがちです。

まずは「5W1H」について、
大まかに全体像を掴み、それを家族(親族含め)の
共通認識にすることに努めてください。

土地のえらび方(実践編)

前回の続きです。
「実際に土地選びをする際に
何に気を付けるべきか?」
とをお伝えします。

当たり前なんですけど
皆さんが欲しいのはお店を開くための土地でなく
お米をつくるための土地でもなく
家を建てるための土地なんですよね。

なので「建てたい家が建てられない土地」を
えらんではいけないということです。

どんな土地か?大きく分けて3つ有ります。

まず一つ目が「資金面で」
建てたい家が建てられない土地

家族5人で快適に住むため35坪の家を建てたいのに
土地の価格が高すぎたので、予算的に希望と大きくズレた
20坪の家しか建てられないなんていうのは本末転倒です。

次に「法律面で」
建てたい家が建てられない土地

建ぺい率、容積率、高さ制限なんて言葉を
耳にしたことはないですか?

自分の土地だからと言って、好きなように建築が
できるわけではないです。例えば、外壁の色に制限が
有る地域もあります。使いたい色が禁止されていたら
残念ですよね?

最後に「設備、環境面で」
建てたい家が建てられない土地

例えば、どうしても都市ガスを使った設備が欲しいなら
都市ガスが整備されているエリアに限られるし

もし「まきストーブ」がどうしても使いたいなら
密集した市街地だと近所迷惑になるかもしれないので
そういうエリアは避けないとだめですよね。

つまり・・・土地をえらぶ前に、まずは
「どんな規模の?どんな仕様の?どんな家を
いくらくらいで建てたいのか?」を検討しておくこと
これが大事です。

皆さんが欲しいのは「土地」でなく
「家」のはずだからです。

で、次にどうすればいいかというと

いくつかの候補からひとつの土地をえらぶので
大事にしたいこと、もしそれが複数ある場合には
その順番をハッキリさせておく必要があります。

いわゆる「優先順位」というやつですね。

実は「良い土地が無い…」というご家族ほど
「良い土地ってどんな土地ですか?」と聞くと
具体的に答えられません。

これでは…いくら良い土地と出会っても
そうは気付けないということです。

そうならないためには
逆説的ですけど「こんな土地は絶対にイヤだ!」
という土地を決めておくほうが早いかもしれません。

というのも土地には「価格」とか「利便性」とか
「環境」とか「広さ」とか「陽当たり」など
他にもたくさんのポイントがありますが

実際にすべてが完璧な100点満点の土地は
まずあり得ません。

なので自分たちにとって致命的じゃない欠点は、
ある程度、我慢して受け入れたり

その弱点を家の設計を工夫して逃げたり
暮らし方の知恵で補ったりする必要があります。

目の前に現れた土地の欠点を見つけるたびに
「ダメ!」「なし!」と言うのはすごくカンタンですが

そういう姿勢だといつまでも
土地はえらべない…つまり買えません。

ちなみに100点満点は無理だとして…
何点くらいの土地で皆さん決めているかというと

これまでの経験に基づいた感覚ですけど
70点位の土地だとその土地を決めなかったことを
「決めとけばよかった・・・」と
後で悔やんでいる例が多いようです。

長くなりましたがご参考にしてください。

旧態依然

家づくり検討中のお客様から
先日お聞きした話です。

アトラスホーム松下です。

ある大手ハウスメーカーの営業マンから
猛プッシュを受けるも、どう見ても
その会社の坪単価などから考えると
大幅な予算オーバーとなりそう…

思慮深いそのお客様は
実現不可能な計画案作成のために
これ以上負担を掛けさせても申し訳ないからと
「私たちには分不相応ですから…」
とお断り入れたそうです。

するとその営業マンさんはこう言ったそうです。

「図面や見積もりはタダですから
とりあえず見るだけでも…」

これ私が大手ハウスメーカーに居た
15年前にもよく耳にしたセリフです。

15年前から全く進化していない業界…残念です。

そして…当たり前のことですが
この図面や見積もりは「タダ」というのは間違いです。

もちろんそのお客様に請求は無いでしょうが
(もし有ったら「詐欺」ですが…)
実際に専門家がある程度の時間を掛け作成する以上
それなりの「経費」が掛かっています。

その絶対に建てられることのない家の

図面と見積もりを作成する「経費」は
最終的にはいったい誰が負担するのか?

そうですね。巡り巡って…
その会社で実際に家を建てる「別のお客様」
が負担することになります。

本当に残念な「仕組み」です。
こんなことを続けているから
たいしたことのない家が「高い」のです。

そして昔から続く残念な「仕組み」はもうひとつ…
そうですね。「総合住宅展示場」です。

出掛けたほとんどの方が「参考にならなかった」
と言っているのに無くなりません。
(場所によっては住宅メーカーが
撤退して歯抜け状態のところもありますが…)

それどころか新たに国道18号と19号の交差する
長野市西尾張部にもう一カ所出来るそうです!
先日の信濃毎日新聞に掲載されていました。

問題意識も持たず、旧態依然としたやり方で
というのは「営業手法」に限ったことでなく
一事が万事で「家づくり」そのものにも通じるのでは…
と感じてしまいました。

他人の振り見て…ではありませんが
自分たちの家づくりについても「進化させるには?」
と常に自問を続けなければ・・・と思わされました。

LINE公式アカウント