アトラスホームTOP > 固定資産税

"固定資産税"タグの投稿

コロナ禍でのマイホーム購入は無謀?

今コロナの影響で少し収入が減ってきています。
家を建てるためにローンを組むことが心配です。
アパートのまましばらく様子を見ているほうが良いでしょうか?

コロナの影響で残業が無くなったり
ボーナスがカットされてしまったり・・・
収入が減ってしまう・・・ご心配ですよね。よく分かります。

ただ、経験的に言えばこういう方はほぼ大丈夫です。

なぜか?それは…あらかじめ不測の事態に備えた
手堅い計画を立てられるからです。

私たちが心配するのはこの方のようには
危機感を持っていない方です。

で、本題ですが

今、家賃を払って賃貸住宅にお住まいということですが
もし、この先、さらに収入が減ったとして その場合に

もっと家賃の安い別のアパートに引っ越すことは
可能でしょうか?

そして実際にお近くにそういう物件は有りますか?

それとも、ご実家などに入られますでしょうか?

同様に実際にそれは可能なことですか?

もしそういうことが出来なかったとして、
かなり極端な例ですが…「野宿」をしますか?

もちろんそんなことはしないはずです。

つまり…究極的には「住居費」をどう捉えるか?
ということだと思います。

住まいは まさに「衣食住」のひとつで
我々人間にとって必要不可欠なものです。

飲まず食わずでは困るのと一緒です。

そしてそれにまつわる費用も一必要不可欠です。

持ち家・マイホームというと
不思議なのですが何故か?「ぜいたく」で
「お金に余裕がある方の物」というイメージも
あるかもしれませんが私は違うと思います。

持ち家だろうが賃貸だろうが
「住まい」は欠かせない訳で
同様に当然それに伴うコストもかかります。

つまり不測の事態を心配するのであれば
この先、家賃を払っていけるかなぁ?という心配も
同じようにしないといけないはずです。

その根本は「家賃」より「返済」のほうが
極端に高いと勘違いされているためだと思います。

冷静によく考えてみて頂きたいのですが
今や人生100年時代です。

家賃には終わりがありません。
生きている限り、住んでいる限り
払い続けることになります。

その期間の「総住居費」を考えた際に
持ち家の場合のローン返済だけが
極端に高い訳ではないと思います。

誤解があるといけませんので念のためですが、
もちろん固定資産税や、維持修繕費や、
水道光熱費などを総合的に考えてみて・・・です。

長野県で考えた場合ですが・・・

要は 「不測の事態」も想定した
ある程度余裕のある資金計画を立てているか?

そういう堅実なマイホーム計画を立てているか?
これに尽きると思います。

もちろん家づくりはとても楽しいものですので
間取りや設備などを検討しているとついつい
大きな家や豪華な家となりがちです。

「夢の…」という枕詞の付くマイホームですが
地に足を付けた堅実な計画であれば

むしろ賃貸よりも安心な部分も多いです。

この辺りは以前にご紹介した
「団体信用生命保険」という別の動画でも
ご説明していますのでぜひご覧ください。

 

ずーっと賃貸ではダメですか?

「ずーっと賃貸ではダメですか?」

もちろんそんなことありません。

しっかりと計画性を持って
「賃貸住宅」に住み続けるのなら…
それはそれで有りだと思います。

ただ、そうではなくて
「何となく…」とか「面倒くさいから…」
ズルズルと…ということですと
これはあまりお勧めできません。

実際によくある例なんですが、
そうやってかなりの期間アパートに住み、
そこそこ年齢を重ねてしまってから
急に家づくりを思い立ったけど

アパートの家賃を負担してきたから
自己資金も貯められておらず

年齢もそれなりなので
ローン返済の期間も短くするしか無く、
返済が重くなってしまう

そんなご家族がいらっしゃいます。

時間は巻き戻せませんので
後悔の無いようにしてください。

そしてこの話に関連して必ず
「マイホーム派」と「賃貸派」では
どっちがおトクなの?という質問を頂きます。

所有していることと借りていること
しかも占有している面積などが全く異なるので
比べるのはナンセンスだと思いますが

お金という面に限って考えてみましょうか?

まず「ローン返済」と「家賃」だけを
単純に比較する訳にいかないですよね?

一方は終わりが有るし、一方は借りている限り
払い続けないといけないですから。

それからマイホームを所有すれば
「固定資産税」や「維持管理(修繕)費」が
必要になります。賃貸住宅に入居してれば

これらはもちろん要らない費用です。

逆に、住宅ローンを組んで購入すれば
原則として団体信用保険に加入するので

残された家族の未来の住居費の心配は
不要になり、生命保険に掛かる額は
アパートに住み続けるより抑えられます。

そして…こういう細かな損得勘定をする際には
当たり前なのですが

その土地の「地価」や「家賃相場」
「平均所得」が影響します。だから地域差が大きくて
日本全国共通でできる話ではありません。

ちなみに私たちがお仕事をさせて頂いている
長野県長野市周辺がどうか?というと

「地価」の割に「家賃の相場」が高い地域で
場所によっては東京のベッドタウンとあまり
変わらない位です。

だから計算してみると一般的には
「マイホーム派」になるご家族が多いようです。

「時代は変わってきて車とか洋服とか
アクセサリーなんかも「所有(専有)」せずに
「借りる」とか「共有(シェア)する」という
サービスもだいぶ普通になってきています。

流行・用途・時期なんかに合わせて
臨機応変に対応できるのは「持たない」
ということの良い点ですね。

これを住まいに置き換えて考えると…

ご夫婦だけの時期なら2LDK位の
アパートやマンションでも良いのだけど

子育ての時期には手狭になってしまい
収納たっぷりの広い家が欲しくなり

でも子供が巣立って、また夫婦二人に戻ると
今度は小さい家の方が手入れもしやすいし
光熱費なんかも安くなるからと言って
小さな家に「減築」したくなったりする…

住もうとする家族構成や人数が変われば
もちろん快適な家が変わるのは仕方が無いですよね。

で、そんな家族の変化に常にピッタリ合う
住まいを…と考えると、所有せずに賃貸住宅を
変化に合わせて住み替えていくというのも
当然ひとつの考え方としてありですが

やはり住まいは所有することそのものに
意味が有るし、価値が有るという考えも
まだまだ根強いです。

で、もし、所有することを前提で考えるのなら
あらかじめこういった変化が将来起こることを
イメージして家を建てるのが大事ですよね。

特に、これから家を建てようとする
お若い方々はこういうことを知ってしまったのだから
「今さえ良ければ…」という考えはもう捨てて

子供たちが巣立っていったり…
自分たちも体力が落ちたり…
手足が少し不自由になったり…
を想定した家づくりをすべきだと思います。

一事が万事

先日、ドキッとする広告を見掛けました。

アトラスホームの松下です。

不動産の広告で
「月々 ●●,●●●円
ボーナス時加算 ●●●,●●●円」
という住宅ローンの返済例を
表示するのはお馴染みですが

この広告・・・「実質」とか言って
なんと!返済額から住宅ローン控除額を
差し引いて表示しちゃってます!!

住宅ローン控除を受けるには
それなりの前提条件があります。
これだとあたかも全員が無条件で
受けられるようにも捉えられかねません。

小さな字で条件でも書いてあればまだしも
無防備なお客様に誤認させてしまう
可能性も高く、とても心配です。

しかも35年のローンに対して
ローン控除の期間は10年だけなのに・・・

「景品表示法」に引っ掛らないのかなぁ?

良識を持ったFPであれば
フツーは「住宅ローン控除」を
返済の原資としては捉えません。

マイホーム取得後に負担する
「固定資産税への備え」程度に捉えます。

知識の少ないお客様に対してこのように
「こんなにラクに買えるよ!」と煽るのは

「買わせた後のことなんか知らないよー」

「あとは野となれ・・・山となれ・・・」

そんな考え方が透けて見えてしまって

建てて頂いた後もメンテナンスを含めて
施主様と永いお付き合いを目指す私たち
地元工務店には違和感しかありませんでした。

いずれにしても何かご縁が有って
この文章をご覧下さったこれからマイホームを
ご検討される皆さまくれぐれもお気を付けください!

LINE公式アカウント