アトラスホームTOP > 人生設計

"人生設計"タグの投稿

注意喚起として・・・

先日、2年ほど前にご建築頂いた
あるOB様から久し振りにお電話を頂いた
長野市の工務店アトラスホームの松下です。

住宅ローンについて相談が…とのこと

お若いお客様ですし
ローン期間も長いですし
そしてこの低金利の情勢
(マイナス金利時代)の中ですので

わざわざ「全期間固定金利」での
借入れを選択した方 だったのですが

そのOB様のところに
別の銀行から営業の電話が有ったそうです。

「今なら10年固定なら金利●.●●%なので
ぜひ当行で借換えしませんか?」という内容だそうです。

そのお客様の人生設計について
なにも知らないにもかかわらず
(しっかり意図を持って借りているのに)

そもそもその銀行は
長期固定金利のローンは強くないので
(同じ土俵では勝負できないと分かっていながら)
目先の金利の高低という情報だけで
素人であるお客様を翻弄して…迷惑な話です。

今回は、お客様が???と思って
私たちのところに相談してきてくれたので
良かったのですが

その話に丸め込まれてしまったら…
と考えるとゾッとします。

残念ですが中には
自分達の成績?ノルマ?ばかり
優先してしまう金融機関や行員もいます。

注意喚起になれば…と思い 念のため
書かせて頂きました。くれぐれもお気をつけください。

負の感情

アトラスホームにお住まいの施主様たちに
「家が欲しい!と思った理由」をお聞きすると…

・アパートの暮らしにくさを感じたから
・友人知人が家を持ち始めたから
・将来のこと(人生設計)を考えたから

とお答えくださるご家族がかなり多いです。

これをよりストレートに言えば

・現状の住まいに不満が有る
・他人を羨やむ
・未来への不安を抱く

となり、きっかけとしては、どちらかと言うと
「ネガティブな感情」からスタートしている
ご家族が意外と多いのです。

逆に言えば…だからこそ
「面倒くさい」「ややこしい」「難しい」
家づくりのプロセスを乗り越え

結果として「マイホームを
手に入れられた」と言えるかもしれません。

行動し始める時の「原動力」として
そんな「負の感情」を活用するのは
たしかに有効かもしれないですが

いつまでもそういう感情だけに
縛られていては、決して楽しい
豊かな家づくりにはなりません。

ここは我々工務店の腕の見せどころでしょうね。

お会いするたび 打合せを重ねるたび
最初は少し固かったお客様の表情に
徐々に笑顔を増やしていく

そのために何が出来るのか?
それを考え実行するのも
私たちの大事な仕事ということですね

責任重大です…長野市の工務店
アトラスホーム代表の松下でした。

結婚と同時にマイホームは早い?

現在、婚約中です。
親の土地が有るのでアパートに入らず
最初からマイホームを新築することも
検討していますが

それよりも二人で少し
アパートでの生活を体験して
お互いの生活感を理解してから
家づくりをした方が良いでしょうか?

おめでとうございます。
ご結婚と同時に家づくりを進められる
大変素晴らしいと思います。

もし「いずれはマイホームを…」
と考えているのであれば

アパートを借りない

ということは住んでいる期間の家賃
だけでなく

敷金、礼金、そして引越し費用が1回分
節約できますから
確実に「経済的」だと言えます。

損得勘定だけで考えるのであれば
もっともトクです。

ただ、家づくりは
それを満足するものにするには、
それなりに時間が必要です。

実際に建築している工期だけでなく
打合せや申請している期間なども含めれば
普通は9カ月位、早くても7カ月位
ゆっくりじっくりやれば1年位、
掛かるものです。

これを結婚のタイミングに併せて…と
考えると、かなり前もって計画的に
準備を進めておく必要があります。

婚約よりも先に、家づくりの検討を
スタートする位の感覚だと思います。

そう考えると誰にでも出来ること
という訳ではなさそうですね。

そして本題ですが

いま心配されている
お二人それぞれの生活様式の違い
生活習慣の違いは

それぞれがそれぞれのご実家で
長い年月を掛けて培われてきたものですから
意外と根深いものです。

少しの期間アパートで
一緒に生活してみたくらいでは
正直なところあまり影響は無いように思います。

いずれにしても、新しい暮らしでは
二人が譲り合い、擦り合わせていくことが
多かれ少なかれ必要になります。

また、お二人の人生設計しだいですが
もし出来るだけ早くお子さんが欲しい
という場合に

お子さんを産んで、育てていくという点では
やはりアパートよりマイホームのほうに
軍配が上がります。

たとえ多少夜泣きが酷くても

近隣のお部屋の方への騒音を
気にする必要も無いですし
逆にアパートでの子育ては
大変ストレスなものです。

もし家を建てる前に
一度アパートに入ってみることのメリットを

上げてみると…

手狭なキッチンやお風呂、
そして少ない収納、
それからプロパンガスなどの
高い光熱費を経験しておくことで

コントラストの原理が働き、
「より」マイホームを手に入れた時の
喜びが大きくなること位かと思います。

親に「家づくり」を反対された…

「旦那の両親から家づくりを

反対されています。どうすれば良いですか?」

 

ビックリされたかもしれませんが、これは
家づくりの仕事をしているとよく経験することです。

ひと言で「親の反対」といっても
大きく分けて2つのケースに分けられます。
どちらかによって対策も変わりますので
まずはそこからお話ししましょう…

まずは…「親御さんが心配しているケース」

親御さんの立場から見ると、当然なのですが
自分の子供は「いつまでも子供だ」と思いがちです。

そして自分自身の過去の経験を振り返ってみても
「家づくり」といえば人生の一大事だったので、
純粋に心配してくれていることが多いのです。

「頭金は貯めたのか?」
「人生設計をしっかり検討したのか?」
「悪い業者にそそのかれてないか?」

親御さんの心の中でも、
そんな気持ちがモヤモヤしているのですね。

逆に言えば「家を建てたい」という希望だけを
いきなり伝えるとそうなりがちです。

じゃあどうすれば良いかというと・・・
親御さんに安心してもらえるような材料

それは具体的には
資金計画書、ライフプラン、スケジュール表などを、
きちんと用意したうえで、今の状況を
しっかりご報告することに尽きます。

つまり元をたどると…「コミュニケーション不足」
が原因となっていることが多いです。

「まだ早い」とか「止めておけ」などという
親御さんの「セリフ」をそのまま受け取るのではなく

「じっくりと時間を掛けて色んなことを
しっかり検討したのか?心配をしているよ!」
と解釈されると良いと思います。

親御さんからの暖かいアドバイスだと捉えてください。
親心というものを察して「きめ細かな報告」を
試みてはいかがでしょうか?

次に…「一緒に住みたい、一緒に住むつもり、
など親御さんのほうにも住まいについて
ある程度具体的な計画を持っているケース}です。

親御さんとのコミュニケーションが
しっかり取れていないという点では
大きく考えると先ほどのケースと一緒です。

ただ、この場合には先ほどのケースの様に
単純に「報告」をすれば良い…というのと比べると
家族での重要な「会議」が必要になると思うので
ちょっと大変です。

親御さんのご意向と自分たちの希望とが
同じ方向を向いていれば良いけど

そうでない場合には「代替案」を
探さなければならなかったり
どちらか?もしくはどちらも、が妥協や我慢を
するというような「調整」が必要になる場合もあります。

個人・家族の問題だけに留まらず
親族の問題に発展する場合もあります。

「長男なのだから…」「跡取りなんだから…」
「代々受け継いできたのだから…」
「この後の面倒は誰がみるの?」
なんてセリフが出たりもするようです。

お金が絡むとさらに大変です。

「相続」は「争続」と書くことも有る位です。

こういう隠れた問題
「あえて臭いものに蓋をしていた」とも言えますが

「家を建てる」ということが「きっかけ」となって
炙り出されるということですね。

もちろん個々に事情が異なりますし
繊細かつ難しい問題です。
決まった答えがある訳でもありません。

ただ、片付けるべき、白黒ハッキリつけるべき
時期が来たという「お知らせ」だと「解釈」して
逃げずに向き合うべきなのでしょうね。

これもまた「家づくり」の一面です。

家族とは?

是枝監督の「万引き家族」
カンヌ国際映画祭「パルムドール」受賞(!)
本当に素晴らしいです。皆様は
もうご覧になられましたでしょうか?

受賞の影響で、かなり混んでいると
耳にしたので、少し落ち着いた頃かなと
先日見てきました。アトラスホームの松下です。

薄暗い家族の住まい

とっても貧しいけれど
なんだか暖かみがある…

絶対に正しくないけれど
不思議な優しさがある…

色んな感情が生まれてきて
ザワザワしてしまいました。

しばらく引きずりそうな感じです。

そして実はこの「万引き家族」に
なんと…我が義父が…出演しています!

是枝監督作品に関しては
福山雅治さん主演の「そして父になる」にも
出演していましたので、すっかり「是枝組」の
一員のような感じですね。

そして…いよいよカンヌデビュー
しかもパルムドール受賞作ときました!

はい。もちろん「エキストラ」ですが…
と、お約束のオチがつきました(笑)。

それにしても年齢に縛られず
好きなことに夢中で取り組める生き方
身内ながら素敵だなぁ~と思います。

人生90年時代と言われますが
いつまでも楽しく元気で暮らしていくには、
健康管理はもちろんのこと、さらに老後資金の準備
も含めた「人生設計」がとても重要になります。

私の仕事である家づくりは
お客様が「人生設計」に向き合う
ひとつのきっかけとなることが多いです。

だからFPとしての知識が必要となるんですね。
日々勉強です!ちなみに映画はもちろんおトクな
「メンズデー」に見ましたよ!念のため・・・

LINE公式アカウント