アトラスホームTOP > 代表松下の「ワーク イコール ライフ」 > 風の男

風の男

2019/09/20

「小さなお子さんがいるご家族」の
住まいづくりをお手伝いすることが多い
アトラスホームの松下です。

そのいっぽうでもちろん年配のお客様の
住まいづくりに携わらせて頂く機会もあります。

その名の通り、私たちはあくまで
住まい「づくり」をしております。

大きな箱をただ「売っている」のではありません。

ですから打ち合わせでは
・そもそもなぜ新しい住まいが必要なのか?
・生活するうえでお困りのことは何なのか?
・新しい家でどんな暮らしをされたいのか?
そんなお話をたくさんお聞きします。

これはお客様がお若かろうが
ご年配だろうが関係ありません。

そのご家族のことを理解すれば
理解するほど的を射たご提案が
できるのですから当然のことです。

ただ、お年を重ねれば重ねるほど当然
多くの人生経験をお持ちになります。

時には、戦争経験、貧困経験(国全体ですが…)
家族を失われた経験まで色々なお話に拡がります。

そういう歴史によって構築された
お客様ごとの生きていく上での信条も
お若いご家族と比べるとより強くお持ちになっています。

先日、ちょうど私の親世代の
「人生の大先輩」であるお客様と
家づくりのお話をさせて頂く機会がありました。

お住まいのご相談に乗らせて頂くつもりでしたが
気付けばこちらが学ばせて頂いているような…
あっという間に時間が過ぎていました。

特に、たまたま辿り着いた
「白洲次郎」さんの話は大盛り上がり!

私も大好きなので時間が経つのを忘れ
とても楽しくお話をさせて頂きました。

日本で初めてジーンズを履いた男

そしてGHQから
「従順ならざる唯一の日本人」
と呼ばれた男…本当にカッコ良すぎますよね!

アトラス図書館にもありますよ~。

LINE公式アカウント