アトラスホームTOP > 代表松下の「ワーク イコール ライフ」 > 結果がすべて

結果がすべて

2020/10/03

信濃毎日新聞でも
大きく取り上げられましたので
多くの方がご存じでしょうが

先日 サッカーJ2松本山雅FCが
成績不振を理由に布監督を解任しました。

もちろんこれまでJリーグの他のチームや
プロ野球で同じことをたくさん見てきましたが

地元長野県で 身近でこういうことが起きると
その反響はやはり大きく感じます。

が「結果がすべて」のプロの世界ですから
やむを得ないでしょうね。

もちろん我々も一緒だと思います。

プロ(仕事としてお金を頂いている)ですから
結果を出し、必要だと認められなければ
社会に生き残る(存続する)ことは出来ません。

おかげさまで創業から丸10年間
地元でたくさんのご家族の家づくりのお手伝いを
続けさせて頂いていますが

お客様は命掛け(大げさではありません。
「住宅ローン」には生命保険がセットされています。
生命を担保に…そういうことです。)で
我々に建設費をお支払いくださいます。

すごいことです。本当に有難いことです。

決して当たり前ではありません。

このことに感謝ができなくなってしまったら
きっと、その時が、社会から、世の中から
退場を命じられてしまう時なのでしょうね。

厳しいようですが…それが実社会の掟だし
私たちはそういう実社会の中で生きています。
自戒を込めて…長野市の工務店
アトラスホーム代表の松下でした。

LINE公式アカウント