アトラスホームTOP > 代表松下の「ワーク イコール ライフ」 > 家を建てた後の話

家を建てた後の話

2019/03/12

先日の完成見学会に「新築」でなく
「営繕」(リフレッシュ)を検討している
というお客様がお越しになりました。

現宅は築15年程度と
さほど古くないということだったので
「建ててもらった工務店に頼むのが
基本ですよ…」とお伝えすると

「あまり信用出来ないから嫌なんです…」
と同業者としては「耳が痛い」お言葉を
頂戴しました。アトラスホーム松下です。

世の中に「リフォーム業」なるものが
存在する理由は…そういうことでしょう。

その他にも建築した工務店が
倒産したり…事情はさまざまですが
家のメンテナンス(メンテ)を依頼する先に
困っているお客様が多いということですね。

メンテにもそれなりに費用が掛かります。
適切な時期に適切なメンテを行なえば
住まいも「より長持ち」します。

もちろんアトラスホームのOB様には
永く快適にお住まい頂きたいので
新築する時点で未来のメンテに掛かる
費用を積み立てて頂くようお薦めしています。

新築の際の資金計画で
住宅ローンの返済以外に
可能なら1万円/月、最低でも5千円/月
を貯金して頂くというものです。

「カタチあるものは壊れる」

とても当たり前のことですが
初めてマイホームを持たれるお客様は
それがなかなかイメージ出来ません。
無理もないと思います。

だから私たちがプロとしてあらかじめ
お伝えしているという訳です。

ただ・・・お客様も人間です。
日々の暮らしに忙しいです。
だから忘れてしまいます。

「メンテのお金が無いって…
『メンテ貯金しておいてくださいね』
って言ったじゃないですか!」

というのはプロとして
恥ずかしいセリフかな…と思うので
「メンテ貯金進んでいますか?」と、
こういうブログなどで極力お伝えしています。

説教臭くて申し訳ないですが
お客様のためです…何卒ご容赦ください。