アトラスホームTOP > 代表松下の「ワーク イコール ライフ」 > 厳しくもフェアな時代に・・・

厳しくもフェアな時代に・・・

2019/12/20

最近の妻との話題のトップ2は

長男(大学1年)に
彼女が出来たらしい(!)ということ

そして高1の次男の
進路どうするんだ問題

です。

やはり「子はかすがい」
どうしても息子達の話題が多くなります。

 

それにしても大学の入試制度については
今年はよくニュースになりましたね。
まだゴタゴタしているようです。

「センター試験」が廃止され…

記述式の試験が導入され…

そもそも、どうして混乱を承知で
こんなことをしているかというと

ものすごく大雑把に言えば
「暗記力」よりも「考える力」が
大事な時代になるから

根底にはあるのはそんな考え。

これはなにも受験に限ったことではないですね。
日常生活も、仕事も、そして
「家づくり」においてもそうです。

インターネットとスマホのおかげで
その気になれば、誰でも、どこでも、
すぐに、ほぼ無料で、深く調べられますから

「情報を暗記していること」

「情報を知っていること」

そのものにはほとんど価値が無く
「情報」をどう解釈してどう活用するか?
に価値が生まれます。

ただ本当のことを言えば「検索力」にも
基礎知識や経験値によって差が出ます。

これはプロがプロたる由縁ですね。

ただの「情報」しか持たないプロもどきでは

実践で活かせる「知恵」を持った
本当のプロでなければ

家づくりに悩むお客様の役に立たない

つまり今後、住宅会社もどんどん
淘汰されていくということでしょう。

厳しくもありますが
逆に言えばフェアな時代だよ

息子達にもスタッフ達にも
そう伝えなければ…と思う
長野市の工務店アトラスホームの松下でした。

LINE公式アカウント