アトラスホームTOP > 代表松下の「ワーク イコール ライフ」 > いつも閉店セールの店

いつも閉店セールの店

2018/11/02

前々回に続いて、また
とあるお客様とのお話です。
アトラスホームの松下です。

「今キャンペーン期間中なので
○月中に契約してもらえれば
○○○万円お値引きが出来ます!」

と営業マンに言われたとのこと…。

超お金持ち社長が月に旅行に行く(!)
と言っている時代に、まだこんな古典的な
まだこんな子供だましの営業をしているんですね。

しかし、このお客様は素晴らしかった!

『なんとなく感覚的になんですが
検討が十分じゃない気がして
嫌な予感がして…』

と…これが本来の家づくりの正しい進め方
ではないことを完璧に感じ取っていました。

やはり大金を支払うお客様は
神経が研ぎ澄まされているのですね。
危険なことを「理屈」でなく「直感」で見抜いています。

『で、たまたま知っていたアトラスさんに
セカンドオピニオン的に意見を求めに来ました』

とのことでしたので

私のほうは業界の「仕組み」を「理屈」で
ご説明させて頂きました。ご納得なされたそうで
笑顔でお帰りになりました。お役に立ててよかったです。

それにしてもずっと「閉店セール」を
続けている田舎の洋品店(笑)じゃあるまいし、
お客様を馬鹿にし過ぎです。

「家づくり」は、施主様が熟考の結果、
自分の意思で、明確な覚悟のうえで、
決断して進めるべきものです。

他人に背中を押してもらうとか
他人が条件を決めるなどとんでもありません。

厳しい言い方かもしれませんが、そんな間違った
決断をする(させる)から「住宅ローン破綻」で
家を手放すことになってしまう悲しいご家族が
いっこうに減らないのだと思います。

同じ様なことがあるかもしれない…
そう考えて「注意喚起」としてお伝えしました。
くれぐれもお気を付けください。