アトラスホームTOP > 代表松下の「ワーク イコール ライフ」 > 「衣・食・住」

「衣・食・住」

2019/09/10

首都圏の大学生になった長男
 
長野県で生まれ育ったという
「地方出身」コンプレックスが
有るのか?無いのか?知りませんが
 
ここにきて急に「ファッション」への
関心が高まっているようで
 
少ない「仕送り」の中で
衣料費のやりくりに苦戦してるようです。
 
ようです…というのは妻からの
又聞きだからです(笑)。
 
アトラスホームの松下です。
 
母親が選んで、買ってきた服を
何の文句も言わずに黙って着ていた
田舎の純朴な高校生でしたが
これも大人になっていく過程ですかね…
 
個人的には、学生の一人暮らしは
衣・食・住の費用のバランスが
多少悪くても結果的につじつまが
合っていれば
 
例えば「少し背伸びして憧れの靴を
買ってしまったから、しばらくの間
おかずはモヤシと豆腐だけで我慢する」
 
のような「やりくり」さえ出来ていれば
それはそれで「人生経験」として
有りかなぁと思っています。
 
誰に迷惑を掛ける訳でもないですからね。
 
ただ消費者金融(キャッシング)は
絶対に何があっても利用するな!
 
それは「フツー」ではない人が使うものだ!
 
テレビで「フツー」に
CMやっているけど勘違いするな!
 
将来的に住宅ローンも
借りられなくなるかもしれないぞ!
 
と、これは父親としてというよりも
一人のFPとしてどうしても伝えたく…
 
「お父さんがそう言ってたってよ!」と
妻に伝言をお願いしました(笑)。

LINE公式アカウント