アトラスホームTOP > 建てた人の感想は?

建てた人の感想は?

テーマはナチュラル!大好きな木の家具に合う無垢材をセレクト

千曲市/原山様ご夫婦(ご主人・奥様・お子様1人の3人家族)

「ふたりとも木が好きで、ナチュラルなイメージの家がつくりたかった」という原山様ご夫妻。外観だけでなく、室内も梁を見せたり、床に無垢材を採用したりとナチュラルにまとめています。「床材を決めるとき、アトラスホームの長岡さんが〝どこで家具を買いますか?〟と聞いてくださって。飛騨産業の家具を入れるなら、それに合う無垢材がいいねということになりました」。実家が飛騨にあり、結婚前から飛騨産業の家具を入れたいと考えていた奥様にはぴったり の提案でした。

長男の暁くんが生まれ、当時住んでいたアパートが手狭になったことから家づくりを本格的に考え始めました。インターネットで見つけたアトラスホームに問い合わせると、「いい家をつくる自信がビシビシと伝わってきた」とご主人は言います。

その後は見学会へ、実に23回も通いながらローンや間取りの相談を。間取りはとてもいい印象を持った友人の家を参考に、考えに考え抜いてできたもの。特に収納は「じつは片付けベタなんです」という奥様が使うシーンをイメージしながら考えたと言います。結果、無駄なスペースはなくなり、使う場所の近くに収納があるため、とても片付けが楽なのだとか。

トイレに大きな窓を付けたり、サンルームには施主支給でシンクを付けたりと、大手メーカーでは受け入れられにくい工夫もいっぱい。「一生に一度の家づくりですから、アトラスホームさんと二人三脚でつくれて、とても楽しかったです」。ナチュラルで明るい家は、家族3人の温かな笑い声であふれています。

シンプルだから夢が膨らむ、建ててからが楽しい家

須坂市/大隈様ご夫婦(ご主人・奥様・お子様2人の4人家族)

大熊様ご夫妻にとって、家はシンプルなのが一番。 「部屋ごとに色を変えるメッリットを感じませんでした」と言ううように、壁と建具、洗面台などの設備は白一色で統一しました。実は白を選んだのは、家具や雑貨を引き立てるためでもありました。

お好みは温かみのある木目調。カフェ風のかわいらしい雰囲気を思い通りに出すために、一部は奥様が手づくりしています。 日曜大工の手習いは新居に移ってから。「安い材料ばかりで恥ずかしいんですが、つくるのが楽しくて」と夢のマイホームを満喫しています。

アトラスホームを選んだのもシンプルな家づくりが気に入ったからです。 「他の工務店さんも見たんですが、“うちの売りはコレです。ジャーン!”という感じ。 「そう言われても・・・」。一方、アトラスホームの「最初からいろいろ付ける必要はありませんよ」という言葉は共感を持ちました

洗面所など水回りの位置は少し悩みましたが遊び盛りの男の子ふたりが汚れを家の中に持ち込まないようにと、玄関を入ってすぐの場所をイメージしていましたが、松下社長からは「外に水道があれば大丈夫」との答え。 最初は心配しつつも考えを変えたのは、松下家も同じく男の子ふたりの子育て真っ最中で、それで不便なく生活していると聞いたからです。 結局、水回りはオーソドックスに家の奥に。

予算内で蓄熱暖房を設置でき、アパート時代に悩まされた結露もなく快適な冬を過ごせました。「家っていろんな意味であったかい。最高です!」

趣味も遊びもあきらめない、楽しみを優先した資金計画

長野市/原様ご夫婦(ご主人・奥様の2人家族)

結婚当初から持ち家にあこがれていたご主人。
ついに手に入れた新居の自慢は、大切なバイクを愛でる趣味のスペースです。
車体を美しくライトアップする照明もつけました。

そして奥にはバースタイルのカウンター。
バイクをつまみに一杯やるのがご主人の楽しみです。
「ここでみんなと飲むのもいいなと思っています」とご主人が言うように、家全体のコンセプトは仲間が集まれる秘密基地です。

ご夫妻は共通の友人が多く、奥様も思いは同じでした。大勢が集まっても余裕のあるリビングダイニングは13畳。
「物置がわりになってしまいそう」と判断した和室をつくらないことでこの広さを確保しました。

ご夫妻にとって、趣味や仲間と過ごす時間は何よりも大切です。資金計画ではそんな生活を維持したまま返済できることが大前提でした。その要望に応えたのがアトラスホームです。

「完成見学会に行ったら、それまで見たハウスメーカーの展示場と違ってほとんどが標準装備。これだったら自分たちでも建てられると思いました」。

その日に会った営業の長岡さんの手引きで家計の収支をメールで伝えたところ、すぐに無理のない予算を計算してくれました。
「家を建てるからといって生活を変える必要は全然なかった。変えたといえば、僕の使うお金が小遣い制になったぐらい」。そう話すご主人。

妊娠したときに不便がないように2階にもトイレを設けたり、年頃になっても子供の様子が分かるようにリビング階段にしたり、幸せな未来も思い描いてつくった家です。

もっと建てた人の感想を見る 1 3 4 5 6

LINE公式アカウント