アトラスホームTOP > 建てた人の感想は?

建てた人の感想は?

普通の家にリビングが2つ?いつも一緒のあったか設計

長野市/一本木様ご夫婦(ご主人・奥様・お子様2人の4人家族)


「寝室や他の場所を狭くしてでも広く取りたかった」ご夫婦がそう語る一本木家のリビングは、「いつも一緒にいれらる」事を求めた家族水入らずの場所。

オフホワイトとダークブラウンの落ち着いた内装を高い天井のすっきりとした空間は、和室や庭との一体感もあって何倍も広く感じられます。

7歳の優衣ちゃんと3歳の優翔君の勉強机を兼ねて設けられたカウンターでは、優衣ちゃんが毎日宿題に取り組んでいるのだそう。「自分の部屋ではあんまりしないよ」と言うほど、子供たちもリビングが大好きです。

「シンプルで良いんです。倍のお金をかけたからといって倍の満足がある訳じゃない。アトラスホームさんが最初に考えてくれたプランでほぼOKでした」とご夫妻は言いますが、もちろんこだわりも・・・。

それは、第二のリビングとして活躍している二階のホールです。南向きで明るく、春は桜も楽しめるという眺めのよさ。1階リビングとはひと味違い、その三分の一ほどの面積に家族のほどよい密着感があります。

続くバルコニーから詩を見下ろせば大きなお庭。「今年はトマトを植えるんだよ」と、優衣ちゃんと優翔君は新しいお家で夢いっぱいです。

家事は分担制。忙しい2人にやさしい間取りと設備

長野市/中澤様ご夫婦(ご主人・奥様・お子様2人の4人家族)

「蓄熱暖房機があると洗濯物がすぐ乾くので楽です。トイレは掃除しやすいものを選びました」そう話すご主人は、いわゆる「カジダン」。共働きの中澤家では、奥様が不在のときは、料理も洗濯も子供の世話もご主人の役目です。そのため新居には、奥様はもちろん、ご主人の「主婦目線」のこだわりが。

たとえば1階の通路は、省けば間取りが楽になるのはわかっていながら、絶対に譲れなかったと言います。その理由は、「トイレやお風呂の生活の音が直接リビングに聞こえるのが気になって」というもの。

一方、奥様のこだわりは、キッチンをできるだけ前に出すことでした。家の奥に納まりがちで、炊事中は家族との隔たりを感じやすいキッチンは「暗くていや」と言う奥様。新しいキッチンはリビングと一体感があって、明るく爽やか。1階には広いリビングとパントリーも備えました。それによって客間の和室はやむをえず2階に置くことに。

しかし、「ここは落ち着いて寝られるんですよね」と、奥様からは意外な言葉が出ました。「夜勤明けは和室で寝るんです。1階のソファで寝られると邪魔だと言われるので」と苦笑い。

「子供は素直だから、ときには子供の言うことのほうが正しかったりするんですよね」。そう話すご夫妻は、子供たちを「一人前」と考えています。だから、子供部屋は、あえてご夫妻の寝室と同じ大きさです。「家づくりでは子供は重視していません。子供のためといえば、家をつくったこと自体」。それで十分と考えるご夫妻の、子供への信頼が厚く感じられるお宅でした。

階段をのぼると「異空間」大人の作業場が子供の好奇心を刺激する

長野市/外崎様ご夫婦(ご主人・奥様・お子様2人の4人家族)

和室の一角にどっしりと構える杉柱。襖を開け放つと、家全体を支える大黒柱のようで存在感を増します。この柱のように、一家の主の頼もしさが伝わってくるのが外﨑様のお宅です。中でも和室は、伝統建築を愛するご主人の和の心が表れた場所。限られた面積の中でもきちんと仏間を設け、障子など和の建具を使いました。畳や襖の縁の色で引き締めた清々しい空間に、「やっぱり日本人だから」と誇らしげな笑顔を見せます。

一方、奥様は、和室、リビングから階段まで「人の行き来がわかる動線」をとても気に入っています。 階段をキッチンの奥に置いたのは、 子供たちに奥様の真横を通ってもらうため。しっかりと家族の様子がわかるリビング階段となりました。

そんな外﨑様のお宅にちょっと変わった空間があります。アクセサリー製作が趣味のご主人の作業部屋です。「異空間にしたい」という狙いどおりダークな色調が独特の雰囲気を醸していますが、ここにも子供への思いが隠されていました。

「きっかけを与えたい。何かやってみたいと思ってくれたらいい」。 机が窓側ではなくホール側に向い ているのは、子供たちに手元を見せるため。物づくりの楽しさを知ってほしいという親心です。

アトラスホームを選んだ理由の一つに、「若い会社のほうが現場の仕事をていねいに説明してくれそうだった」と挙げるご主人。というのも、ご自身も大工仕事が好きだからです。新居に必要な棚や椅子を次々とつくり出す姿に、子供たちは「おとん、こんなのもつくれるんだ」と大喜び。お父さんの株は上 がりっぱなしです。

もっと建てた人の感想を見る 1 2 3 4 5 6

LINE公式アカウント