アトラスホームTOP > 建てた人の感想は?

建てた人の感想は?

猫と音楽と愛する我が子すべてを大切にした幸せの家

松本市/山本様ご夫婦(ご主人・奥様・お子様1人の3人家族)

要望が多ければ多いほど資金計画には堅実さが必要

山本様邸はいわば〝猫ちゃん天国〟。3匹の飼い猫は、猫用の小さな扉をくぐり抜け、キャットウォークに登り、家のどこへでも行き来自由。猫専用の展望窓や日だまりの猫部屋でまったりするだけでなく、人間用のソファまで占領して悠々と過ごしています。その姿たるや、この家の主。工夫を凝らしたご夫妻も愛猫家冥利に尽きるご様子です。

そんな猫愛にあふれる山本様邸ですが、さらに目を引くのは、本業のかたわらでバンド活動に勤しむご主人の音楽スタジオです。専用の建材を使い、音響にこだわったスタジオでは本格的なレコーディングも可能。ご主人は来年のバンド結成10周年に向けてアルバムを作りたいと意気込んでいます。スタジオの一角には奥様の愛蔵書も並ぶ書棚があり、思い思いに読書したり、ときにみんなでカラオケをしたりと、家族の娯楽の場にもなっています。

家づくりをお願いしたアトラスホームは、安全な資金計画が評判の長野市の会社です。社長の松下さんにバンド経験があり、ご主人の仲間の紹介で縁ができました。音楽好き同士で話が合うという面もありますが、松下社長の著書にあった〝家は主役ではなく舞台〟という言葉に共感して家づくりを託しました。「家は大事だけれどすべてではない、と。やはり返済に精一杯な生活はしたくありません。アトラスさんは設計の段階でしっかりとした見積もりを出し、その通りに完成させてくれました」。

LDKの隅にある4畳ほどの小上がりは子育てのために用意しました。せっかくの大きな空間を分断しないように仕切り壁の面積を抑えつつ、その小さな壁に小窓を切って、リビング入口からお子様の様子が覗けるようにしてあります。設計当時、まだ2人暮らしだったご夫妻が我が子を思い描いて考えた工夫です。うれしいことに計画中にご懐妊し、完成直後にご長女が誕生、渾身の小上がりは新生活スタートと同時にフル活用されることとなりました。そのご長女も1歳になり、小上がりにいつも置いてあるギターに興味を持ち始めたと言います。「子ども用の小さいギターです。音楽を好きになってくれたらいいなと思って」とご主人。家族3人、猫3匹の暮らしは幸せいっぱいです。


「松下社長の家づくりの本が面白くて2日くらいで一気に読んでしまいました。アトラスホームの理念などが書かれているのですが、自分の家が完成してみて本当に本の通りに仕事をしてくださることがわかりました」(ご主人)。

LDKは一体感を大切にして仕切り壁をなるべく少なくしているが、各エリアの向きや距離に工夫があり、感覚的に用途の仕切りができている。キッチンのカラーは黒だが、LDKに行き止まり感が出ないように、一番奥の吊り戸棚のみ白に変更した。

それぞれの時間を大切に好きなことに夢中になれる家

長野市/宮下様ご夫婦(ご主人・奥様)

子育てに備えながら趣味を重視した家づくり

寝室の一角につくられた書斎コーナー。自動車整備士で機械いじりの好きなご主人はここでパソコンを自作したり、映像を編集したりと、思う存分趣味を楽しんでいます。一方、奥様の楽しみはソファでくつろぎながら、テレビを見ること。また、料理中でも楽しめるようにキッチンからテレビまで視界の開けたLDKをつくりました。

テレビは、寝室の壁にも設置し、創作活動に没頭するご主人の傍らで見ることも。ご主人は、「一緒に何かをするよりもそれぞれが好きなことするほうがリラックスできるので、そういうつくりにしました」と、思い通りの家ができたことをとても喜んでいます。

友人の新居に触発されて、子育て生活に入る前に家づくりを思い立ちました。お若いながら奥様がしっかりと家計を管理していたので先立つものはあり、すぐに住宅会社探しを始めてアトラスホームを見つけました。堅実なご夫妻が惹かれたのは、利益をなるべくお客様に還元しようとする誠実な経営方針。さらに、資金計画から始まる家づくりの手順を聞いて信頼を深めました。「その順番だからこそ、自分たちでも家が持てると思えました」。ご夫妻は共働きですが、念には念を入れて片働きの設定で返済計画を立て、お金の不安を完全に取り除いてから設計に臨みました。

広いリビングと書斎、それに畳コーナーやウォークインクローゼット…。ほしいものははっきりしていましたが、子どものいる将来の生活に備えるため間取りや動線は経験豊富なアドバイザーの長岡さんを大いに頼りました。水回りをぐるっと回れる家事ラク動線はそのひとつで、奥様は「自分たちでは思いつかなかった」と感謝しています。見事なのは、すべてを使い勝手よく詰め込んだ上でスタイリッシュな外観を維持していることです。宮下様邸は接道の関係で北玄関になりますが、トイレやお風呂の小窓の集中する北面は外から見たときに〝裏側〟の感じが出やすいもの。長岡さんとご主人で窓の種類や位置に気を配り、玄関を中心とした堂々たる〝表の顔〟をつくりあげました。あこがれだった二連の横長窓の下で、ご主人は休日も車の整備に夢中になっていると言います。心ゆくまで好きなことができる最高の家が完成しました。


アドバイザーの長岡さんと。「困ったらすぐに“長岡さん!”という感じでとても頼りにしました。夏前に初めて相談に行って秋には図面が完成。トントン拍子に進みました」(ご夫妻)。

奥様が料理をしながらテレビを見られるようにキッチンからの見晴らしのよさにこだわった。キッチンの立ち上がり壁を通常よりも低くし、またダイニングテーブルやソファも低めの製品を選んでいる。

忙しい日々の中にも潤いと癒しを備えた子育ての家

小林様(ご主人・奥様・お子様2人の4人家族)

標準スタイルで費用を抑え
こだわりの場所に大胆に投資

ダークブラウンの色づかいがしっとりとした大人の雰囲気のLDK。アジアン系が好みだという奥様のセンスが光ります。ご主人が「私よりも家にいる時間の長い妻に任せるのがいいと思いました」と言うように、内装も間取りもほぼ奥様が考えました。まもなく働き始める奥様にとって家事は時間との勝負。新居のプランづくりでは時短を念頭に、特に洗濯動線にこだわりました。キッチンを中心に洗面脱衣室、外付けサンルーム、ウオークインクローゼットを集めたことで洗濯作業は最短距離で完結。ウォークインクローゼットを1階にしたことで朝の身支度もラクになりました。奥様はもちろんのこと、ご主人も「便利すぎる」と大絶賛しています。

キッチン前面のビアコーナーは日々の疲れを癒やす、奥様のとっておきの場所です。お気に入りのビアサーバーを置き、グラスハンガーをアトラスホームに造作してもらいました。さまざまな形のビアグラスがぶら下がる様はバーのようです。「育児中は飲めないので眺めるだけですが」と、解禁になる日を心待ちにしています。

3年前にご長女を懐妊し、1DKのアパートでは子育てが大変だと家づくりを考え始めました。業者を見てまわったものの、金額の面で現実味がわかずにいたときにアトラスホームのチラシを目にしました。「普通の家を、当たり前に建てられる、ということが書いてありました。ほぼ標準仕様でいいと考えていたのでアトラスさんがちょうどよかったんです」。実際にプランづくりに入ってみると選択肢が豊富で、標準の範囲でもこだわって選ぶことができました。抑えられた分のお金はここぞという場所に使い、家にメリハリをつけることができたと言います。

そんな場所の一つがご主人の書斎です 。オプションの打ちっぱなし風のクロス、ダークブラウンの造作のカウンターでかっこよく決めました。「子育て中はここで浸っている余裕はありませんが、働くモチベーションになっています」とご主人。奥様は「頑張ってローンを返済してくれるので、ダンナさんの部屋をつくってあげたいなと」。お2人の労いの心が癒やす新居です。

内装はアジアンテイストをイメージ。白いクロスとダークブラウンの床という組み合わせの上に、木目の美しい家具、アンティークなスポットライトやフロア照明、観葉植物などで雰囲気をつくった。
「最初に少しお話を聞いたのですが、その後出産のために家づくりを保留にしました。1年後に見学会に行ったところ、予約なしにも関わらず長岡さん(後方)が名前で呼んでくださったんです。この方なら安心してお願いできると思い、アトラスホームさんに決めました」(ご主人)。
もっと建てた人の感想を見る1 2 3 7

LINE公式アカウント 長野で楽しく暮らすなら