アトラスホームTOP > 建てた人の感想は?

建てた人の感想は?

内と外の中間が気持ちいい!ウッドデッキをフルに楽しむ家

長野市/野口様ご夫婦(ご主人・奥様・お子様2人の4人家族)

窓の使い方にひと工夫あり
開放感いっぱいのL字型LDK

野口様のお宅は町中から少し外れたのどかな場所にあります。「おじいちゃん、おばあちゃんになっても”やっぱり家がいいね”と言える家」とご夫妻が望んだ通りの、ゆったりと過ごせる優しい家になりました。

その特徴は、外と緩やかにつながるLDKです。「私の実家では、外食と言えばお店ではなく、屋外で食べることだったんです。ウッドデッキで月明りの下で晩酌できたらいいなと思いました」とご主人。ウッドデッキをダイニングの一部としてとらえ、フルオープンの掃き出し窓で開放感を出しました。さらにLDKをL字型に配置したことで、ウッドデッキとの一体感がアップ。ソファでくつろいでいるときもワイドなコーナー窓からウッドデッキ越しの景色が楽しめます。夜はこの居心地のいい空間で癒しのひとときを過ごすのがご夫妻の楽しみ。お酒やコーヒーを飲みながら、1日の出来事を話し合っているそうです。

「L字型のLDKもそうですが、悩んでいると担当の長岡さんがアイデアを出してくれるんです」とご主人は感謝しきり。他社と比べて感じたのは、提案した後にしっかりと考える時間を取ってくれたことでした。「何十年と住む家なのに1年半くらいですべて決めて建てなきゃならない。だから、なるべく頭をフリーな状態にして考えたかったんです。長岡さんはちょうどいい距離感で接してくれたので納得しながら一つ一つ進めることができました」とご主人。

新居になってご家族にうれしい変化がありました。それは掃除をよくするようになったこと。「白い内装は汚れが目立つので、きれいにしておかなきゃという気持ちが出てきました」。そういうご夫妻はもちろん、2歳のご長男もおもちゃを自分で片付けるようになったそうです。さらに「欲が出てきました」と言う奥様は、ディスプレイを兼ねた収納など、日々勉強して美化に励んでいます。「昨日も二人で話したんですが、家は3回建てないと満足しないと言うけれど……」と奥様が言うと、「うちは1回で満足」とご主人。おじいちゃん、おばあちゃんになってもきっと仲良しのご夫婦ですね。


くつろぎを重視したダイニングとリビングは合わせて約13畳。ソファの後ろにはウッドデッキの様子を見たり、外の景色を楽しむために視野の広いコーナー窓を設けた。「リビングにはスリット窓も設置しました。使っている窓の種類は、アトラスホームさんの中でも過去最多だそうです」(ご主人)。

担当の長岡さん(後列)と。「理想の家の話よりもお金という現実の話から入っていただけたので安心感がありました。何社か回った中で、アトラスホームさんの見積もりが一番自分たちに見合っていたと思います」(ご夫妻)。

子育ては”つかず離れず”親子の距離感が絶妙な家

長野市/横田様ご夫婦(ご主人・奥様・お子様2人の4人家族)

親の願いがこめられた階段とトイレとベランダ

ご自身が次男であることから、若いうちからマイホームを意識してきたご主人。建てるなら早い方がいいと、結婚後はアパート暮らしを経て実家に移り、ご夫妻でコツコツと資金を貯めたと言います。

そんな堅実なご夫妻がアトラスホームに魅力を感じたのは資金計画に安心感があったからでした。「担当の長岡さんはファイナンシャルプランナーの資格を持っているんです。まずうちの家計を聞いて、生活の負担にならない返済額を出し、それを上限に建物にいくら、土地にいくらと決めてくれました。仕事がある限り、お金の心配はないと思っています。何社か見て回りましたがアトラスさんと出会って工務店探しはおしまいになりました」とご主人。

融資額を増やすため、長岡さんのアドバイスで先に車のローンを完済することにしました。1年ほどかかりましたが、その間に土地探しも設計プランもじっくりと取り組むことができたと言います。特に間取りには時間をかけて、子供たちの成長が見守れるようにと考えました。リビング階段は、その最たるものです。「自分にも覚えがありますが、年頃になると親の顔を見ないで出て行って、親の顔を見ないで部屋にこもる。でも、自分が親になってみるとそれをしてもらいたくないんですよね」とご主人が子供への思いを明かしました。2階にトイレを設けなかったのも同じ理由から。「欲しいという話も出たのですが、下にしかなければ嫌でも降りて来て顔を合わせることになりますから」とは奥様。

子供の行動を知りたいという思いはあってもプライバシーには立ち入りません。寝室に面したバルコニーは、つくる気ならば子供部屋まで延ばすことができました。しかし、それをしなかったのは「親がベランダから入ってきたら嫌だろうなと思ったの」とご主人。「干渉しすぎず、無関心になりすぎず、です」と子育てのスタンスを端的に語りました。

そんな複雑な親心を知ってか知らずか、思いきりパパとママに甘えてくるお姉ちゃんと弟君。子育ての一番いい時期を新居で迎えられて幸せいっぱいの横田家です。


アドバイザーの長岡さんと。「次はここまでやってきてくださいと、毎回宿題を出していただきました。こちらも負けずにさらに先まで進めていきましたよ(笑)」(ご夫妻)

外観はシンプルよりも凹凸のある形状が奥様の好み。太陽光パネルを載せる屋根も、片流れではなく段ちがいの差し掛け型を採用した。窓の取り付け位置は外観の見栄えを考えて微調整されている。また遊び心でガラスの種類も一部で変えた。

「出したらしまう」はしつけの一歩。大きめ収納ですっきり片付け

長野市/石坂様ご夫婦(ご主人・奥様・お子様1人の3人家族)

苦手だからこそ大きさ重視。物は置かずに隠すが基本

「寝室から下に降りてきたときに、光の入り具合で”今日は晴れてるな”って。そういうのがわかるのがうれしい」。

ご夫妻のお気に入りは朝日もたっぷり差し込むリビング。床も建具も白ベースでさわやかにまとめました。カーテンも、外から透けて見えない程度に遮光性を落とし、なるべく明るさを損なわないように工夫しています。

「それに白は無難だから。前のアパートより良ければ充分という考えなので標準仕様でいいんです」とご主人。大勢の人の選ぶ物はいい物という持論にもとづいた上で、アトラスホームの標準仕様の質の高さにとても満足しています。「大手ハウスメーカーも見て回りました。細かいところでいろいろ違うんでしょうけど、その違いだけで”1000万円も差があるの?”って。正直、値段ほどの違いがわからなかった。アトラスさんは、価格は安いのに安っぽくない。オプションでもそんなに値段に差がないんですよ」。

ご夫妻が力を入れたのは、このさわやかな空間をいかに清潔に保ち続けるかということ。床は経年劣化の少ないフローリング、キッチンの換気扇はちょっと奮発して着脱式の水洗いできるタイプを選びました。

そして一番の力の入れどころは収納です。「片付けが下手だから、どんどん詰め込んで隠したい」と大きさと数を重視しました。玄関の大きなシュークロークに始まり、寝室にはご夫妻それぞれに2畳ずつのウォークインクローゼット、そして2階にはトイレをやめてつくったという納戸もあり、室内はいつもすっきりしています。

収納を充実させたのはしつけの目的もありました。「娘には遊んだら片付けるようにずっと言っています。だから、こうやってしまう場所をつくってあげるのは大切」。お嬢さんは4歳ですが、繰り返し教えるうちに自分で片付けるようになったのだそう。おもちゃの入った和室の押入れと遊び場をせっせと行き来していました。

2階にある大きなクローゼット付きの洋室はお嬢さんの部屋。「ここ、私だけの部屋なの」ととってもうれしそうでした。


アドバイザーの長岡さん(右)と。「メーカーにすすめられると全部欲しくなってしまう。そこを長岡さんが”いらないよ”といつも止めてくれました。長岡さんの安定感は半端じゃありません」(奥様)。

ナチュラルなレンガ調の外壁に合わせて、玄関扉はアイアンをあしらったウッディーなデザインに。大型シュークロークは幅2.4mと3人で使うには十分な容量。シュークロークの奥とホール横の二つの窓、そして玄関扉のガラスから明かりを採っているため、とても明るい。
もっと建てた人の感想を見る1 2 3 6

子育て世代のコミコミ住宅