アトラスホームTOP > 建てた人の感想は?

建てた人の感想は?

家族5人と愛犬の同居生活。1階と2階で拠点を分ける

長野市/小林様ご夫婦(ご主人・奥様・お子様・お母様と愛犬の5人家族)

坂の途中に建つ小林様邸。木立の上から遠くを望むと、街の上に雨雲が垂れこめているのが見渡せます。「この高台が好きなんです。以前のアパートもすぐ近くです」と奥様。ご主人のご両親との二世帯住宅を建てるにあたり、神社横のとちに目が留まり、「売りに出ないかな」と話していたその翌日に、本当に売りに出たのだそうです。不思議な縁を感じ、すぐに購入を決めました。

ご夫妻とご長男の3人家族が暮らすのは2階フロア。ワイドな眺めを楽しむため、LDKには特注の大きな窓を設けました。

外からの視線が心配ですが、夏は生い茂った梅の木が室内をほどよく隠してくれます。ソファは堂々と外に向けて配置。深夜に帰宅するご主人は、調光・調色の照明を暗めにして静かに夜景を眺めて過ごします。「ソファでボーっと。そんな時間が少しでも欲しくて、早く家に帰るようになりました」。

1階はご両親の居住スペースです。早寝早起きで、生活リズムが異なるため、共用のお風呂と洗面脱衣室を除いて、LDKもトイレも個別に用意しました。また、階上の生活音がストレスにならないような工夫もあります。たとえば、ご両親と子どもはだいたい寝る時間が同じなので、子ども部屋の下にご両親の寝室を置きました。帰宅の遅いご夫婦の寝室の下には居室ではなくお風呂場を配置。また、お風呂場とご両親の寝室は隣り同士ですが、間に収納を挟むことで水音を伝わりにくくしています。「担当の長岡さんの提案です。防音壁ではなく、間取りで防音してくれているんですよ」。

1階の大きなウッドデッキからの眺めも抜群。「景色を見ながら食べたいって、友だちがお昼持参で来るんです」とお母様もニコニコです。にわかに人が集まるようになった小林邸の中でも、長男の要望でつくったロフトの隠れ家は大入りです。「近所の子が十人以上も集まっていたことがありました。今まで家に友だちを呼べなかったのでうれしいみたい」と奥様。そんな話をしているといつの間にか雨が通り過ぎ、街の上に大きな虹が。「すごいっ。この窓あっての眺めですね」とご主人。端から端まで見えるきれいな半円に歓声が上がりました。


インテリアとしてもGOOD!造り付けのグラスハンガー。
ソムリエの資格を持っています。店の厨房でも役立っている”グラスハンガー”をつくってもらいました。陽射しがキッチンまで届くように、吊り戸棚の部分には扉を付けていません。両側から使えるので便利ですよ(ご主人)。

担当の長岡さんと。「飲食の仕事をしていると、なかなか時間が取れなくて大変なんですが、長岡さんはとても段取りがいいので助かりました。打ち合わせに行くと、いつも先々のことまで考えてくれているんです」(ご主人)

内と外の中間が気持ちいい!ウッドデッキをフルに楽しむ家

長野市/野口様ご夫婦(ご主人・奥様・お子様2人の4人家族)

窓の使い方にひと工夫あり
開放感いっぱいのL字型LDK

野口様のお宅は町中から少し外れたのどかな場所にあります。「おじいちゃん、おばあちゃんになっても”やっぱり家がいいね”と言える家」とご夫妻が望んだ通りの、ゆったりと過ごせる優しい家になりました。

その特徴は、外と緩やかにつながるLDKです。「私の実家では、外食と言えばお店ではなく、屋外で食べることだったんです。ウッドデッキで月明りの下で晩酌できたらいいなと思いました」とご主人。ウッドデッキをダイニングの一部としてとらえ、フルオープンの掃き出し窓で開放感を出しました。さらにLDKをL字型に配置したことで、ウッドデッキとの一体感がアップ。ソファでくつろいでいるときもワイドなコーナー窓からウッドデッキ越しの景色が楽しめます。夜はこの居心地のいい空間で癒しのひとときを過ごすのがご夫妻の楽しみ。お酒やコーヒーを飲みながら、1日の出来事を話し合っているそうです。

「L字型のLDKもそうですが、悩んでいると担当の長岡さんがアイデアを出してくれるんです」とご主人は感謝しきり。他社と比べて感じたのは、提案した後にしっかりと考える時間を取ってくれたことでした。「何十年と住む家なのに1年半くらいですべて決めて建てなきゃならない。だから、なるべく頭をフリーな状態にして考えたかったんです。長岡さんはちょうどいい距離感で接してくれたので納得しながら一つ一つ進めることができました」とご主人。

新居になってご家族にうれしい変化がありました。それは掃除をよくするようになったこと。「白い内装は汚れが目立つので、きれいにしておかなきゃという気持ちが出てきました」。そういうご夫妻はもちろん、2歳のご長男もおもちゃを自分で片付けるようになったそうです。さらに「欲が出てきました」と言う奥様は、ディスプレイを兼ねた収納など、日々勉強して美化に励んでいます。「昨日も二人で話したんですが、家は3回建てないと満足しないと言うけれど……」と奥様が言うと、「うちは1回で満足」とご主人。おじいちゃん、おばあちゃんになってもきっと仲良しのご夫婦ですね。


くつろぎを重視したダイニングとリビングは合わせて約13畳。ソファの後ろにはウッドデッキの様子を見たり、外の景色を楽しむために視野の広いコーナー窓を設けた。「リビングにはスリット窓も設置しました。使っている窓の種類は、アトラスホームさんの中でも過去最多だそうです」(ご主人)。

担当の長岡さん(後列)と。「理想の家の話よりもお金という現実の話から入っていただけたので安心感がありました。何社か回った中で、アトラスホームさんの見積もりが一番自分たちに見合っていたと思います」(ご夫妻)。

子育ては”つかず離れず”親子の距離感が絶妙な家

長野市/横田様ご夫婦(ご主人・奥様・お子様2人の4人家族)

親の願いがこめられた階段とトイレとベランダ

ご自身が次男であることから、若いうちからマイホームを意識してきたご主人。建てるなら早い方がいいと、結婚後はアパート暮らしを経て実家に移り、ご夫妻でコツコツと資金を貯めたと言います。

そんな堅実なご夫妻がアトラスホームに魅力を感じたのは資金計画に安心感があったからでした。「担当の長岡さんはファイナンシャルプランナーの資格を持っているんです。まずうちの家計を聞いて、生活の負担にならない返済額を出し、それを上限に建物にいくら、土地にいくらと決めてくれました。仕事がある限り、お金の心配はないと思っています。何社か見て回りましたがアトラスさんと出会って工務店探しはおしまいになりました」とご主人。

融資額を増やすため、長岡さんのアドバイスで先に車のローンを完済することにしました。1年ほどかかりましたが、その間に土地探しも設計プランもじっくりと取り組むことができたと言います。特に間取りには時間をかけて、子供たちの成長が見守れるようにと考えました。リビング階段は、その最たるものです。「自分にも覚えがありますが、年頃になると親の顔を見ないで出て行って、親の顔を見ないで部屋にこもる。でも、自分が親になってみるとそれをしてもらいたくないんですよね」とご主人が子供への思いを明かしました。2階にトイレを設けなかったのも同じ理由から。「欲しいという話も出たのですが、下にしかなければ嫌でも降りて来て顔を合わせることになりますから」とは奥様。

子供の行動を知りたいという思いはあってもプライバシーには立ち入りません。寝室に面したバルコニーは、つくる気ならば子供部屋まで延ばすことができました。しかし、それをしなかったのは「親がベランダから入ってきたら嫌だろうなと思ったの」とご主人。「干渉しすぎず、無関心になりすぎず、です」と子育てのスタンスを端的に語りました。

そんな複雑な親心を知ってか知らずか、思いきりパパとママに甘えてくるお姉ちゃんと弟君。子育ての一番いい時期を新居で迎えられて幸せいっぱいの横田家です。


アドバイザーの長岡さんと。「次はここまでやってきてくださいと、毎回宿題を出していただきました。こちらも負けずにさらに先まで進めていきましたよ(笑)」(ご夫妻)

外観はシンプルよりも凹凸のある形状が奥様の好み。太陽光パネルを載せる屋根も、片流れではなく段ちがいの差し掛け型を採用した。窓の取り付け位置は外観の見栄えを考えて微調整されている。また遊び心でガラスの種類も一部で変えた。
もっと建てた人の感想を見る1 2 3 6

子育て世代のコミコミ住宅