アトラスホームTOP > 賃貸住宅

"賃貸住宅"タグの投稿

コロナ禍でのマイホーム購入は無謀?

今コロナの影響で少し収入が減ってきています。
家を建てるためにローンを組むことが心配です。
アパートのまましばらく様子を見ているほうが良いでしょうか?

コロナの影響で残業が無くなったり
ボーナスがカットされてしまったり・・・
収入が減ってしまう・・・ご心配ですよね。よく分かります。

ただ、経験的に言えばこういう方はほぼ大丈夫です。

なぜか?それは…あらかじめ不測の事態に備えた
手堅い計画を立てられるからです。

私たちが心配するのはこの方のようには
危機感を持っていない方です。

で、本題ですが

今、家賃を払って賃貸住宅にお住まいということですが
もし、この先、さらに収入が減ったとして その場合に

もっと家賃の安い別のアパートに引っ越すことは
可能でしょうか?

そして実際にお近くにそういう物件は有りますか?

それとも、ご実家などに入られますでしょうか?

同様に実際にそれは可能なことですか?

もしそういうことが出来なかったとして、
かなり極端な例ですが…「野宿」をしますか?

もちろんそんなことはしないはずです。

つまり…究極的には「住居費」をどう捉えるか?
ということだと思います。

住まいは まさに「衣食住」のひとつで
我々人間にとって必要不可欠なものです。

飲まず食わずでは困るのと一緒です。

そしてそれにまつわる費用も一必要不可欠です。

持ち家・マイホームというと
不思議なのですが何故か?「ぜいたく」で
「お金に余裕がある方の物」というイメージも
あるかもしれませんが私は違うと思います。

持ち家だろうが賃貸だろうが
「住まい」は欠かせない訳で
同様に当然それに伴うコストもかかります。

つまり不測の事態を心配するのであれば
この先、家賃を払っていけるかなぁ?という心配も
同じようにしないといけないはずです。

その根本は「家賃」より「返済」のほうが
極端に高いと勘違いされているためだと思います。

冷静によく考えてみて頂きたいのですが
今や人生100年時代です。

家賃には終わりがありません。
生きている限り、住んでいる限り
払い続けることになります。

その期間の「総住居費」を考えた際に
持ち家の場合のローン返済だけが
極端に高い訳ではないと思います。

誤解があるといけませんので念のためですが、
もちろん固定資産税や、維持修繕費や、
水道光熱費などを総合的に考えてみて・・・です。

長野県で考えた場合ですが・・・

要は 「不測の事態」も想定した
ある程度余裕のある資金計画を立てているか?

そういう堅実なマイホーム計画を立てているか?
これに尽きると思います。

もちろん家づくりはとても楽しいものですので
間取りや設備などを検討しているとついつい
大きな家や豪華な家となりがちです。

「夢の…」という枕詞の付くマイホームですが
地に足を付けた堅実な計画であれば

むしろ賃貸よりも安心な部分も多いです。

この辺りは以前にご紹介した
「団体信用生命保険」という別の動画でも
ご説明していますのでぜひご覧ください。

 

家は若いうちに・・・は本当か?

「『家は若いうちに建てろ!』と
親戚のおじさんや会社の上司など
年配の人が言うのは何故ですか?本当ですか?

たしかに言いますね。私も個人的にそう思います。

根拠は3つ。

まず1つ目はとても単純で「より経済的だから」です。

もちろん前提条件にもよりますが、
長野市のような地方で、
賃貸暮らしで、しかも会社の補助が無くて、
家賃を自己負担で払っている場合はその典型です。

分かり易く、あえて大雑把に言いますが
大家さんがAP経営で利益を出しているということは…
借りている側は損をしていると思ってください。

家賃は「捨てている」だけで住んでいる空間は
少しも自分のものになりません。
地価の高すぎる日本の首都圏はもちろん別ですが
数年住むつもりの賃貸は信州の様な地方では
純粋に「住居費」としてかなり割高です。

払っているお金(家賃)と借りている空間の「広さ」や
「快適さ」とのつりあいが取れているとは考えにくいです。

最近の住宅というのは長寿命化しています。
人間と一緒ですね。つまり「若くして家を建てたからといって
歳を取ってからもう一回建てなきゃならない」ということはまずないです。

それなら出来るだけ早く建てて、出来るだけ家賃を払って
過ごしている時間を短くすべきです。

一般論ですが、アパートの家賃を払いながら、
マイホームを建てるため自己資金を貯めるのは非常に難しいものです。

そして、自己資金が増えないからマイホームをなかなか建てられず
そして年齢だけどんどん重ね、よりローンが借りづらくなる
という負のスパイラルに入ります。

私も、親戚や親友などの身近な人に対しては、
「自己資金なんて、ちまちま貯めてる場合じゃないよ、
さっさとローン組んで早くマイホームを手に入れなさい。
もちろん早く返済を始めた分だけ、早く返済が終わります。
そしたらその後は老後資金の準備だよ!」とお伝えしています。

次に2つ目は「マイホームに住める時間、
子供と楽しく過ごせる時間、家族とマイホームを
楽しめる時間がより長くなるから」です。

決めつけてはいけませんが年齢が若いということは
ほぼ子育て期です。

賃貸住宅での子育ては夜泣き、足音、
やはりかなりの気を遣います。ただでさえ
大変な子育てが「ストレス」になってしまいます。

それと比べるとマイホームでの子育ては負担が少ないです。
お子さんとの思い出もたくさん残せます。お子さんが付けた
壁の傷や床の傷もマイホームなら良い思い出になりますが
アパートだとちょっとした事件です。

今の日本では18歳になると、というか高校を卒業すると
親元を離れるお子さんが多いと思います。
ひとつ屋根の下でお子さんと暮らせる時間は意外と短いものです。

我が家も長男は既に巣立っています。彼は私が建てた家で生まれて
その後18年間住んでいましたがそれでもあっという間でした。

よく子供が小学校に上がるまでには…とマイホームを持たれる
目標にする方がいますが、もし本当にそうだとすると、
お子さんは10年ちょっとしかその家には住まないかもしれません。

最後に3つ目は「ローンが組みにくくになるから」です。

1つ目の理由とも関連しますが、少し深掘りします。

それは「健康上の理由」でローンが組めなくなる
リスクが増えてしまうからです。

毎年、健康診断を受けている方は実感されていると
思いますが、年々、歳を重ねるに連れ、指標となる数値は
悪化していませんか?

再検査の項目も増えていませんか?

生身の身体ですから仕方が無いですが、
私たち人間はみな平等に時間が経てば老化します。

ガタも出てきます。自然なことです。

それと住宅ローンとどんな関係が有るのか?

住宅ローンを借りられる要件のひとつに
「団体信用生命保険に加入できること」とあります。

端折って言えば住宅ローンは「命を担保にして」
借りることになります。

私も住宅ローンを現在、借りていますが、
今、私に万が一あれば妻と子供には
返済を必要としないマイホームが残ります。

ローンに付保されている生命保険で残債がチャラになります。

歳を重ねて、身体のあちこちが悪くなってくると、
もしかすると、場合によっては生命保険に加入できない
ということも考えられます。

そのリスクの低い若いうちにマイホームを手に入れなさい
というのは理にかなっているのかな?と思います。

以上、とてもカンタンにお伝えしましたが
マイホームを持つなら若いほうが良い根拠でした。

LINE公式アカウント