アトラスホームTOP > 競売

"競売"タグの投稿

「コロナ不況」による「住宅ローン破綻」を回避するには?

こんにちは。アトラスホームの松下です。
今回はコロナ騒動の影響を受け
住宅ローン返済 が難しくなりつつある

そんなご家族に向けての緊急案内となります。
いつもと異なる形式ですがお許しください。

「残業代が全く無くなってしまった…」とか
「パートも減らされてしまった…」とか

世帯収入が大幅に減少し、家計がダメージを受け
「住宅ローンの返済が厳しい!」
という方もすでにお見えかもしれません。

「今はまだ大丈夫だけど…これから不安だ…」
という方もいらっしゃるかもしれません。

緊急事態ですので簡潔に言います。
まず絶対に避けて欲しいこと…それは「延滞」です。

「延滞」をしてしまうと
金利優遇の対象外になってしまうのです。

今回のコロナ騒動のように
「緊急事態宣言」が発令されるほどの
特別な状況であれば

例外となる可能性もありますが
原則的には「延滞」するとそうなります。

そもそも多くの方がご利用している
住宅ローンの金利はほとんどの場合
金利優遇制度を受けた後の物です。

つまり特別に値引きされた金利です。

もし この金利優遇(値引き)が無かったとすると
毎月の返済額はかなり増えてしまいます。

元々、返済が厳しくて「延滞」してしまっているのに
毎月の返済額が増えればますます苦しくなり

さらに延滞が続けば…
最終的には「任意売却」「競売」という

とんでもない事態にまで追い込まれる場合もあります。

では「延滞」を避けるにはどうすればいいか?

もちろん「金策」が必要ですが
その前に…絶対にやってはいけない金策があります。

「カードローンの利用」です。
家計破綻に繋がる可能性が非常に高いので
くれぐれも避けてください。

金策1 まずは親御さんやご親族に
援助を頼んでください。非常事態です。
決して恥ずかしいことではありません。

金策2 次に緊急経済対策による給付金の申請や
政府系金融機関の無利子貸付を検討ください。

ただ、この辺りは時間が掛かる可能性が高いです。

金策3 ということで、加入している生命保険を
調べてみてください。もしかすると
「解約返戻金」が有る物かもしれません。

生命保険には「契約者貸付制度」があり
「解約返戻金」の7割くらい貸してもらえます。
解約時・満期時に精算され
返済義務が有りません。

生命保険会社に問い合わせしてみましょう。

こういった方法で当面の「延滞」が阻止出来たら
その間に 住宅ローンを借りている金融機関へ
相談してください。

延滞をしてから相談に行くのでは
非常に「印象」が悪いです。

それでは良い条件が引き出せません。

早めに相談を持ち掛けることで

「一定期間の返済猶予」
「一定期間は金利負担のみ」
「返済期間の延長」などの

対応を検討してくれる場合もあります。

特に今回は全国的に非常事態宣言が出ていて
大災害と同様の対応が取られる可能性も高いです。

しかし、相談せずに自動的に
「延滞」が認められる訳ではありません。

あくまでも「事前に」「こちらから」
動くことが大事です。

くれぐれもお気を付けください。

最後に…これから家づくりをお考えの方も
ご覧になられているかもしれませんが
皆さんは非常にラッキーです。

これほど慎重に、これほど安全に、
これほど将来の返済計画を
しっかり考えて家づくりに臨める状況は
なかなかありません。

昨年の台風19号の時もそうでしたが

あらためて長い返済期間には
さまざまなリスクが潜んでいることを
私たちは改めて思い知りました。

そのうえで、どのくらいの返済計画であれば
本当に安全なのだろうか?

もう一度ご家族でよく考えてみてください。

LINE公式アカウント